SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

モバイルビジネスの成功法則をキャッチ!mobidec2008レポート

「携帯の枠を超えたコンテンツプラットフォームを目指す」auのライフスタイル戦略


 11月28日に開催されたmobidec2008で行われたKDDIコンテンツ・メディア本部コンテンツサービス企画部長の竹之内剛氏による講演「auのライフスタイル戦略」。携帯をキーに各業界と新たなビジネスを生み出していこうとするKDDIの戦略が見えてきた。【その他のレポートはこちらからどうぞ】

各業界との連携で携帯の枠を超えたコンテンツプラットフォームを目指すau

 契約回線数の伸びは穏やかになっている中「携帯の形ではないコンテンツプラットフォーム」を模索するKDDI。11月28日に開催されたmobidec2008で行われたKDDIコンテンツ・メディア本部コンテンツサービス企画部長の竹之内剛氏の講演から、携帯をキーに各業界と新たなビジネスを生み出していこうとする戦略が見えてきた。

KDDI株式会社 コンシューマ事業統轄本部
コンテンツ・メディア本部 コンテンツサービス企画部長
竹之内剛氏
KDDI株式会社 コンシューマ事業統轄本部コンテンツ・メディア本部 コンテンツサービス企画部 竹之内剛氏

携帯の形ではないコンテンツプラットフォームの形成を

 冒頭、竹之内氏は今年3月に3000万契約を突破したauのモバイルビジネスにおける状況を紹介。auは早くからパケット定額制を導入してきたため、他キャリアと比べ利用ユーザーが多いことが特徴だ。ただし、最近ではライトユーザーが増え、その割合が減りつつある。それでも全体の7割くらいで落ち着くのではないかと予想されている。

 auユーザーの1人あたりのコンテンツ利用額は500円以上にまで成長しており、データARPU(加入者一人あたりの月間売上高)も今年の第2期で2,210円と確実に上昇を続けている。また、デジタルコンテンツの流通は年平均約20%の割合で増加している。

 日本の携帯電話契約回線数は1億台を突破し、契約回線数の成長は穏やかになってきた。しかし、コンテンツを利用しているユーザーは半数にも満たないため、拡大の余地がある。

 もう1つの市場拡大の糸口としてKDDIが掲げるのが、携帯の形ではないコンテンツプラットフォーム。au BOXやPCを利用したLISMOの展開、そしてライフスタイル戦略について紹介した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
auの目指すライフスタイル戦略とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
モバイルビジネスの成功法則をキャッチ!mobidec2008レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

美谷 広海(ミタニ ヒロウミ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム、モバイル、ウェブとデジタルコンテンツの企画、プロデュースを行い、2007年10月から楽天株式会社国際開発室に勤務。ブログは『世界を巡るfoolon the web』 。メールは hiroumitani@gmail.com

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/08 20:13 https://markezine.jp/article/detail/6059

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング