SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google AdWords、iPhoneとG1でパソコン用の広告やランディングページが表示可能に

 Googleモバイル広告のチームは12月8日、新しいキャンペーンレベルのオプションを発表した。これは、デスクトップパソコン向けの広告を、iPhoneやG1などフルブラウザを搭載した携帯端末にも表示可能にするもので、広告主はランディングページや広告を、パソコン用とモバイル用の2種類用意する必要がなくなる。

 Googleは、すでにiPhone用に見やすくフォーマットされた検索結果ページの提供を開始しており、広告主は広告をiPhoneやG1に限定して広告を表示したり、キャンペーンを設定することができる。

 現在、AdWordsキャンペーンを展開している場合には、デフォルトでデスクトップとラップトップ、iPhoneとG1に広告が表示される。ただし、現在モバイル広告を利用している場合には、この新しいオプションはキャンペーンに影響を与えないとしている。

【関連記事】
Google AdWords、ビールに続いてハードリカー関連広告を許可
ガチャピンもびっくりの大活躍、Googleマップ「ストリートビュー」の人型アイコン「ペグマン」に注目
Google、キーワードツールのモバイル対応開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング