SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleがオンラインアプリの販売業者制度を発表、クラウドコンピューティング市場へ本腰

 Googleは、オンラインアプリ「Google Apps」を法人向けに販売するソリューションプロバイダのためのプログラム“Google Apps Authorized Reseller Program”を発表した。認可された業者は「Google Apps Premier Edition」の販売、カスタマイズ、サポートが可能になり、請求などの取引も顧客に直接行うことができる。

認可された業者であることを示すロゴ

 「Google Apps Premier Edition」には、Gmail、Google Calendar、Google Docs、Google Sites、Google Talk、Google Video for businessが含まれる。Googleはこのプログラムによって、すでに50以上のパイロットパートナーを展開しているという。Googleは、このプログラムを通して、販売業者向けにトレーニングやサポート、販売とマーケティングのためのツールやAPIを提供するとしている。

 クラウドコンピューティングやSaaSなど、インターネット経由で業務用アプリケーションやサービスを提供する形態に注目が集まるなか、Googleブランドの存在感を示し、企業への浸透を推進するために、このプログラムは重要な役割を果たすことになりそうだ。

【関連記事】
Microsoftの開発者向けクラウド・コンピューティングサービスの名称は「Azure(空色)」
Amazon EC2、ついに正式版へ!Windows ServerとSQL Serverのホスティングも開始
Googleが開発チームの組織改革を発表、人員削減もやむなし

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング