SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

もしも、ドロップシッピングを使って中国ECモールへの商品提供を実現

 もしもは今回、SBIベリトランスと提携し、ECモール「佰宜杰.com(バイジェイドットコム)」における商品流通支援を行う。SBIベリトランスは今回の提携開始に合わせて、中国で最も普及しているデビットカード「銀聯(ぎんれん)カード」による決済に対応したECモール「バイジェイドットコム」をオープンしている。

 バイジェイドットコムでは、3月末までSBIベリトランス自身が出店者として実証運用を行い、もしもは、「もしもドロップシッピング」に登録されている4万点以上の商品情報を活用し、SBIベリトランス運用のショップに対して商品を提供する。この連携によって、日本の商品提供業者は、中国市場への商品提供が可能になる。

【関連記事】
ニッセン、百度とのダブルネームで中国にショッピングサイトを展開
日本の“マルキュー”ファッションを中国市場へ、百度とアクロディアがECサイトビジネスを共同展開
もしも、“攻めの仕入れ”で商材を拡充する「売れ筋商品Wanted!!」を展開
もしもドロップシッピング、月間100万円以上を達成したショップオーナーに無料サポートを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/27 10:00 https://markezine.jp/article/detail/6409

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング