MarkeZine(マーケジン)

記事種別

もしも、ドロップシッピングを使って中国ECモールへの商品提供を実現

2009/01/27 10:00

 もしもは今回、SBIベリトランスと提携し、ECモール「佰宜杰.com(バイジェイドットコム)」における商品流通支援を行う。SBIベリトランスは今回の提携開始に合わせて、中国で最も普及しているデビットカード「銀聯(ぎんれん)カード」による決済に対応したECモール「バイジェイドットコム」をオープンしている。

 バイジェイドットコムでは、3月末までSBIベリトランス自身が出店者として実証運用を行い、もしもは、「もしもドロップシッピング」に登録されている4万点以上の商品情報を活用し、SBIベリトランス運用のショップに対して商品を提供する。この連携によって、日本の商品提供業者は、中国市場への商品提供が可能になる。

【関連記事】
ニッセン、百度とのダブルネームで中国にショッピングサイトを展開
日本の“マルキュー”ファッションを中国市場へ、百度とアクロディアがECサイトビジネスを共同展開
もしも、“攻めの仕入れ”で商材を拡充する「売れ筋商品Wanted!!」を展開
もしもドロップシッピング、月間100万円以上を達成したショップオーナーに無料サポートを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5