SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム

あとで読まずに今読もう
~各メディアのおすすめ殿堂入り記事

 このコラムは、「MarkeZine」と「Web担当者Forum」「日経ネットマーケティング」各誌の編集長が、毎回同じテーマでネットマーケティングを語るコーナーです。 他誌編集長のコラムも併せてご覧ください。 「Web担当とMarkeZineってどうよ? 編集部の若い面々に聞いてみた」(日経ネットマーケティング)「日経ネットマーケティングとMarkeZineにひとこと」(Web担当者Forum)

「日経ネットマーケティング」と「Web担当者Forum」

 Webであれ紙であれ、媒体社の社風というのは、どうしてもコンテンツに「味」として出てしまうように思う。同じようなテーマを扱っていても、文体、表現、切り口、すべてにおいて「~っぽさ」というのが残っている。

 筆者の見る限り、

  • Web担当者Forum…ネットメディアの老舗ならではの勘所を知った構成力と安定感
  • 日経ネットマーケティング…新聞社系媒体としての速報性と紙面連動の強力なタッグ

 という印象だ。

 以下、外部の一読者として、「殿堂入りベスト記事」を独断と偏見で勝手に選び、それぞれ5本ずつ紹介してみたい。良い記事ばかりなので、まだお読みでない方に、改めてお勧めする。

殿堂入りベスト記事その1〜Web担当者Forum編

 Web担当者Forumは、国内の記事もさることながら、SEO海外ブログの筆頭である「SEOmoz」の一連の翻訳記事が光っている。また、「編集長ブログ―安田英久」も同業者として“気づき”のあるものが多く、個人的に勉強になっている。

ヤフーの画像はなぜyimg.jpドメインなのか? サイト高速化の手法とヤフーの失敗例

 【記事を読む⇒

 少ないインフラコストで、いかに効率よくリクエストをさばくかは、マーケティングに限らずすべてのWeb担当者の課題。ドメインを分けるとブラウザ側の処理が速くなる可能性は、言われてみればなるほどという印象だ。

検索トラフィックを簡単に増やす10の秘訣

 【記事を読む⇒

 「#4 XMLサイトマップを作る」では、あらためてXMLサイトマップの重要性を指摘(筆者もさっそく設置の準備を開始)。「404ページを301リダイレクト」などの手法はまだ対策されていないサイトも多いので、今のうちにやっておくと良いことがあるかもしれない。

SEOに関して大手サイトが犯しがちな8つの間違い

 【記事を読む⇒

 昨今のWebメディアの重要な読者の一人が「検索ロボット」だ。人間が読みやすいと同時に、クローラーにも読みやすいデザインが求められている。その要素は本当にJavaScriptでいいのか? テキストじゃなく画像/Flashでいいのか? サイトをリリースする前に本当に必要かどうか、考えてみよう。

著名ソーシャルメディアが使っているアルゴリズムを大公開!

 【記事を読む⇒

 MarkeZineのランキングは、PVの合計値とその記事が公開されてから何秒が経過したか等も換算して算出している。これによりなんとなくフレッシュなランキングができあがる。単にクリックやPV値の単純合計だけだと、人気記事だけでランキング上位が固定化されてしまうことが多い。アルゴリズムによる自動化はWeb運営効率化の必須手段だ。

“通る企画書”作りの基本/上司を説得できる企画資料の作り方講座#1

 【記事を読む⇒

 企画書の作り方や文章の書き方は、定番コンテンツ。この記事では、ROI(費用対効果)の見える企画書を作るのが上司を説得できるポイントだと解説する。そもそも、ほとんどの上司は自分のことに忙しく、それほど部下の仕事の細部まで注意を払っているわけではない。ROIにかぎらず、わかりやすい数値を根拠にプレゼンをすべきだということだと理解した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
殿堂入りベスト記事その2〜日経ネットマーケティング編

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

初代 秋男(ショダイ アキオ)

MarkeZine開始時に、編集長っぽい仕事をしていた人物。現編集長がドバイから緊急帰国しないので、代筆。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング