SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「きざしレポーティングサービス」がリニューアル、調査目的に合わせた柔軟な分析が可能に

 今回のリニューアルでは、ブログをマーケティングへ活用する動きが一般化し、分析の視点や分析テーマの多様化が進んでいることから、調査目的に合わせて8つの分析手法を採用し、納期や価格で選べる4つのプライスメニューを展開する。

 まず、基本となる「クチコミの全体像の把握」では、トレンド分析、オーバービュー分析、ポジネガ分析を行い、さらに「テーマを深堀りしたい」というニーズには、ギャップ分析、ヘッド/テール分析、マトリクス分析、ポジネガ詳細分析を行う。そして「ターゲットのクチコミを詳細に把握したい」という場合には、独自技術によって抽出したブロガーをグルーピングし、一般ブロガーなどと比較部分析するセグメント分析を行う。

 基本パッケージメニューでは、Sパック(25万円)、Mパック(50万円)、Lパック(75万円)の3つを提供。それぞれ、納期は1週間、2週間、3週間となっている。また、特別パッケージメニューとして、トレンド分析とともに、ブログの書き込み100エントリーをサンプル抽出し、リサーチャーが詳細分析するサービスを25万円で提供する。

【関連記事】
クチコミ情報と商品ページをリンクした「みんなのきざし Pro」
ニフティ、ブログ分析・ブロガーリレーションの統合サービス「NIFTY Buzz Marketing Solution」を提供
ブログ・SNSの利用は「携帯メイン」の人が4割に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/20 11:46 https://markezine.jp/article/detail/6607

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング