SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リピートの魔術師が指南!マーケティングROI劇的向上塾

【儲かるネット通販】初回購入客をリピートさせるために意識すべきこと

 前回のコラムでは、「見込み客(サンプル注文顧客)」へのセールスメールについて解説した。今回は、初回購入顧客をリピート購入させるためにすべきことについて解説したいと思う。【連載バックナンバー】

リピートさせるためにすべきことは本質的には2つ

 「顧客にリピートしてもらう」ために、ひいてはヘビーユーザーになってもらうためにすべきことは、本質的に下記の2つのカテゴリに分けられる。

商品への愛が向上するようにする

 「商品を愛してもらう」というと伝わりにくいが、初回購入顧客というのは、商品が届いた際が、最高潮に嬉しく、盛り上がっているものだが、この盛り上がりの一部は、正直言うと「お金を払ってモノを手に入れたこと」から発せられる一過性の感情であることがほとんどである。こうした情熱や盛り上がりは、購入後時間と共に薄れがちであるため、恋愛よろしく、「一時の情熱」を「愛」に昇華させることが必要となってくると言える(何をすべきか具体的には後ほど)。

 では「愛」を手に入れ具体的に何を期待するかと言うと、「より商品を使用してもらい、消費してもらうこと」である。「愛」しているものが無くなれば、あるいは「愛」しているものの新作や類似作が出れば、人は当然また手に入れるべく「購入」する、となるわけである。

購入しやすいようにする

 上記の「愛してもらう」ことがうまくいった後に必要となるのは、「購入しやすいように」することである。せっかく欲しいと思っても、タイミングが合わなかった、どこから購入すべきか分かりにくかった、などの理由で欲しいと思った瞬間に手に入らないと、「愛」ですらも時間と共に薄れていってしまう。ようするに「会いたいと思ったときに側にいてあげる」ことが重要と言うわけである。

リピートしてもらうための2つの方策
リピートしてもらうための2つの方策

 「購入しやすいようにする」は、更に下記の2つに細分化される。

  • 手に入れやすいルート・手段の提供

     どこからどのように申込みをすべきなのか分かりやすいようにしてあげる

  • 購入しやすい時の提供

     最適なリピート購入のタイミングをこちらから作ってあげる

 すべてのリピート化施策は、以上の大きく2つの事項に軸足を置き検討することが重要である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
初回購入時からリピートさせるための勝負は始まっている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リピートの魔術師が指南!マーケティングROI劇的向上塾 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

本松 慎二郎(モトマツ シンジロウ)

1977年福岡生まれ、福岡育ち。 西南学院大学法学部卒業後、福岡銀行に入社。その後、accenture、株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)にて、クライアントの売上げ・生産性向上を軸としたコンサルティング業務に従事。現在は通販王国と言われる九州において、インターネット広告を中心とした総合プロデュー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/6725

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング