SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユニクロがアリババと提携、中国でネット通販事業をスタート

 ユニクロが4月16日にオープンしたのは、タオバオモール内と独自サイトの2店舗。売上高1000億元超、会員数1億人以上という巨大ショッピングサイト「タオバオ(TAOBAO)」への出店によって、中国でのユニクロブランドの認知拡大を図る。

ユニクロ独自サイトのデザインは全世界共通

 同時にオープンした独自サイトでは、「UNIQLOCK」などの人気コンテンツを提供し、メールマガジンでキャンペーン情報を毎週配信する。ユニクロは2002年9月に上海1号店を開店した後、香港を含む中国全体で36店舗を展開し、早期に100店舗体制の実現を目指す計画。今後はリアルとネットの両方で、中国全土に商品を展開していく。

【関連記事】
携帯ユーザーの4人に1人がマクドナルドの携帯サイトを利用、人気サイトにはユニクロも
ユニクロが公式サイトを一新、トップページに写真を多用した商品情報を盛り込む
中国シニア層の8割はメールでコミュニケーション、ロシアの人口より多い巨大消費パワーを探る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/17 11:53 https://markezine.jp/article/detail/7133

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング