MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ユニクロがアリババと提携、中国でネット通販事業をスタート

2009/04/17 11:53

 ユニクロが4月16日にオープンしたのは、タオバオモール内と独自サイトの2店舗。売上高1000億元超、会員数1億人以上という巨大ショッピングサイト「タオバオ(TAOBAO)」への出店によって、中国でのユニクロブランドの認知拡大を図る。

ユニクロ独自サイトのデザインは全世界共通

 同時にオープンした独自サイトでは、「UNIQLOCK」などの人気コンテンツを提供し、メールマガジンでキャンペーン情報を毎週配信する。ユニクロは2002年9月に上海1号店を開店した後、香港を含む中国全体で36店舗を展開し、早期に100店舗体制の実現を目指す計画。今後はリアルとネットの両方で、中国全土に商品を展開していく。

【関連記事】
携帯ユーザーの4人に1人がマクドナルドの携帯サイトを利用、人気サイトにはユニクロも
ユニクロが公式サイトを一新、トップページに写真を多用した商品情報を盛り込む
中国シニア層の8割はメールでコミュニケーション、ロシアの人口より多い巨大消費パワーを探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5