SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業サイトで利用できる有料版「Google Maps API Premier」販売開始

 「Google Maps API Premier」では、Googleマップが対応している世界中の多彩な地図(地図、航空写真、地形、ストリートビューなど)を、簡単に自社サイト上に表示することができる。膨大なアクセスを処理するGoogleのインフラで運営され、サービスレベルとして99.9%の稼動が保証されている。

 「Google Maps API Premier」では、無償版の「Google Maps API」では実現できなかった公開サイト以外での利用が可能となるほか、地図上に表示される広告の表示/非表示を選択することができる。「Google Maps API」の販売価格は年間50万円からとなっている。

【関連記事】
Google、ストリートビューのナンバープレートと表札に「ぼかし処理」を導入
パナソニックのカーナビ、最新スポット情報をGoogleマップから取得可能に
Google、地名なしでも地域情報検索を可能に
Googleの検索ツール使ってみた?「ワンダーホイール」で一味違った検索も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/19 12:10 https://markezine.jp/article/detail/7314

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング