SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

第1回 Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック


絶賛発売中の本書ではPPC広告の代名詞であるアドワーズ広告と、2006年にサービスが再開されたグーグルアナリティクスを利用した、効果的なWebマーケティング手法をやさしく解説しています。 その中から「chapter8 見込み客を魅了するキャッチコピー作成術」を紹介します。ぜひ書店でもご一読ください。

01 見込み客にキーワードをクリックさせるには?

あなたはいつでもアドワーズ広告を始めることができますが、その前に自分でアドワーズ広告のキャッチコピーを書いておかないといけません。というのは、アドワーズ広告のキャンペーンのセットアップをするときに、グーグルは最初にキャッチコピーを書いてから、キーワードやフレーズを選択するようになっているからです。つまり、キャッチフレーズを予め用意していないと始められないのです。
筆者のクライアントで、すでにアドワーズ広告を始めていたクライアントのなかには、

というケースがあります。このような事態にならないよう、準備をしておきましょう。

また次のような導線をサイトに整えておくことも必要です。

上記の導線は仮説でも構いませんが、できるだけ正確に設計してください。

リサーチ→キーワード/ターゲット→広告文の作成

筆者の場合、いつもキーワードを先にリサーチし、そのあとに狙うキーワード/ターゲットに合わせて広告を書いて、アドワーズ広告のキャンペーンを作成しています。どうしてもすぐにアドワーズ広告を始めたいのであれば、まずは適当に広告を作成するのも1 つの手段です。そうすれば次のステップに進むことができます。そしてあとで戻って広告を改訂すればよいのです。この辺は要領よく行う必要があります。

キーワードの方向性を掴もう

第7章で、キーワードアドバイスツールやキーワードツールで調べたキーワードを関連のあるグループにまとめました。その際、それぞれのグループに対して広告文を書きたくなるかもしれません。

最低限行うべきことは、キーワードを入れて入札するときに、広告をキーワードグループに対応づけることです。するとキーワードの管理も非常に容易になり、出稿しているキーワードのグループの法則性のようなものも簡単にわかるようになります。

POINT
見込み客を引き寄せる導線を予めサイトに準備しておく

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
02 アドワーズ広告の広告文を作成する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

永松 貴光(ナガマツ タカミツ)

WEBコンサルティンググループ株式会社 代表取締役。慶応義塾大学 商学部卒業。大手人材派遣会社を経て、インターネットベンチャー企業で各種HP制作、プロデュース。その後、飲食店プロデュース会社でウェブプロデューサーとして、IT事業部の立ち上げからさまざまなネットビジネスを経験。ウェブ上での企業間提携、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/08/02 17:09 https://markezine.jp/article/detail/79

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング