SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

子どものスポーツや習い事の費用、年収によって3倍の開き【ベネッセ調べ】

 ベネッセコーポレーションのシンクタンク、Benesse教育研究開発センターは、今年3月に、3~17歳までの子どもを持つ母親15,450名を対象に、習い事や部活などの学校外教育活動や教育支出について調査を実施した。

 学校外教育活動の費用の1か月あたりの合計金額は、世帯年収が400万円未満のグループでは1か月あたり8,700円、世帯年収800万円以上のグループは26,700円で、およそ3倍の開きがある。しかし、世帯年収400万円未満のグループでは、75.3%が費用の負担が重いと答えており、年収800万円以上のグループであっても、49.1%が負担を感じている。

 また、スポーツ活動については63.0%、芸術活動に関しては58.4%の母親が「費用の負担が重い」と答えているほか、スポーツ活動では、「応援や手伝いの負担が重い」も57.2%にのぼっている。

【関連記事】
小中学生が最もよく行くコンビニは「セブン‐イレブン」 半数以上が休日利用
小中学生の親、テレビよりも激しいマンガへの拒否反応
「寝る直前まで携帯」9割、入浴中もメールを楽しむ 高校生の携帯電話ライフ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング