MarkeZine(マーケジン)

記事種別

成果を“見える化” し、改善策も教えてくれる!
月1万円ポッキリで利用可能な新基軸のアクセス解析サービス「Web Analyst」

2010/02/15 11:00

 「アクセス解析ツールを導入しても使いこなせない」。その原因の1つは「機能が豊富すぎてどこ見ればよいのかわからない」という点にあるのではないでしょうか。この記事ではビジネスを成長させるために重要な“成果”に関する情報に特化したアクセス解析ツール「Web Analyst」のメリットを解説していきます。

成果を“見える化”するアクセス解析ツールとWebコンサルティングがセットになった「Web Analyst」

 「今月はサイトの成果目標を達成しそうか?」「成果に貢献している要素は何? どうやったら成果をさらに増やせるの?」など、アクセス解析担当者は上司、サイト集客担当からさまざまな質問を受けるかと思います。

 この本質的かつ重要な質問に答えるための第一歩は、アクセス解析ツールでデータを取得することが必要になります。しかし、データやグラフが多すぎで、“どのデータを見ればよいのか”がわからず、最も大切な“データからの気づき”を導きだすことに苦労することがありませんか。

 そこで登場したのが、「成果」に焦点をあてた、新機軸のアクセス解析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」です。この記事ではWebAnalystが持つ5つの魅力にスポットを当て、成果に特化した本ツールの特長、メリットを解説していきます。さらに、Webコンサルティングサービスの全貌をお伝えします。

Web Analystの特徴その1:いろいろな種類の「成果」が無制限で設定可能

 上図の赤線に書いてあるように、Web Analystでは登録できる成果に上限はありません。また、多くのツールでは「成果ページ」を成果として登録しますが、Web Analystでは「サイト滞在時間」や「訪問回数」も成果として登録可能です。

ページ以外にもサイト滞在時間や訪問回数を、成果として設定可能

 この2つの特徴を利用すると、次のような設定が可能となります。

ビジネス目的に合わせた成果設定が可能

 成果ページを設定しにくいメディア系あるいはSNS系のサイトでも、「サイトに15分以上滞在してくれたら、我々のサービスを理解してくれたユーザーと認定しよう」というようなゴール設定ができます。

“中間の成果”が分かる

 成果の設定数が制限されたツールでは、コンバージョンページのみを成果として設定する場合が多いかと思います。しかし、サイトへのアクセスの大半は、成果まで辿り着かない場合が多いです。

 そこで「成果まで辿り着かなかったけど、途中までは来た」を把握し、サイト内改善に活かすためには、“中間の成果”を把握する必要があります。中間の成果は、例えば「フォーム入り口」「商品の詳細画面」「検索結果画面」「特集」などがあたります。「成果まで辿りつかなったけど、途中までは来た」が分かるのは、成果をいくつでも登録できるWeb Analystならではの魅力です。

【参考情報】

成果を“見える化”するアクセス解析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」のサービス詳細はサイトで確認できます。すぐに申し込みたい人は申し込みページへどうぞ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5