SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

太っ腹ソフトバンク「社員に3人目の子ども生まれたら100万円」

 ソフトバンクと、同社の100%子会社であるソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの4社は、子どもを安心して生み、育てられるように、4月1日から育児支援制度を大幅に拡充させると発表した。これによると勤続1年以上の正社員に第3子が生まれた場合、100万円の出産祝金が支給されるという。さらに第4子には300万円、第5子には500万円が支給される。他企業と比べてもかなりの厚遇で、社員は子どもを生みやすくなる。

 またこの他、子どもに対する携帯電話端末の無料配布に加え、基本料金の免除される。具体的には、勤続年数1年以上の正社員の子どもが小学校に就学する際には、ソフトバンクモバイルが提供する子ども向け携帯電話「コドモバイル」の端末を無料で配布され、親の在籍期間中は、その基本料金が生涯無料になるというものだ。

 少子化が深刻な問題となっている日本だが、IT企業の雄が率先して少子化の歯止めに取りかかる。

プレスリリース:「ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの4社による、育児支援制度の拡充について」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング