SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最も支持されているエンタメは「音楽」、意外と不可欠度が低い「お笑い」

最も支持されているエンタメは「音楽」

 調査対象となったのは、映画、アニメ、漫画、書籍(漫画以外)、お笑い、古典芸能、演劇・舞台の7ジャンル。4月初旬に行われた調査では、全国の15~59歳の男女900名から回答を得た。以下のグラフに示すとおり、「音楽」と「映画」はバブルサイズが圧倒的に大きく、ユーザー数における2大エンタメといえる存在になっている。このうち「音楽」は不可欠度が突出して高く、エンタメのなかで唯一加重平均得点が4ポイント(=なくてはならない存在)を超えており、年間消費総額も1万円以上と上位を占めている。

各エンタメのユーザー数・不可欠度・年間消費総額(単一回答)

 「書籍(漫画以外)」「お笑い」「アニメ」「ゲーム」「漫画」「スポーツ」の6つのエンタメは、ユーザー数では同レベルだが、「書籍(漫画以外)」「ゲーム」「漫画」「スポーツ」は不可欠度が3.5ポイント前後と「なくてはならない存在」に近く、年間消費総額も1万円前後。一方、「アニメ」「お笑い」は不可欠度が3~3.5ポイントの間と「あったらよい程度」に近く、年間消費総額も5000円以下と、前者の4エンタメとは差が見られた。

音楽・ゲームはネット経由が3割

 入手方法や楽しみ方を見ると、すでにインターネット経由でのコンテンツ提供が珍しくない「音楽」「ゲーム」では、「インターネットでダウンロード」と「インターネットのオンライン上」が合計で3割ほどに達している。書籍類については、インターネット経由のスコアが「インターネットでダウンロード」「インターネットのオンライン上」を合計しても、「書籍(漫画以外)」が4%程度、「漫画」が7%程度にとどまり、それぞれ1割に満たない結果となった。

【関連記事】
お笑いもマンガも音楽も楽しめる ネットの新しいテレビ「ナタリーTV」
2009年音楽ダウンロード数は2%ダウン、金額は横ばい
スポーツは「見る」から「する」へ、スポーツ用品市場が拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/22 11:40 https://markezine.jp/article/detail/10181

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング