SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

Twitterを利用するユーザーの意識調査
企業アカウントをフォローする理由ベスト3【リサーチ】


 モバイルソリューション事業などを展開するIMJモバイルでは、今回Twitterに関する利用実態調査を行いました。その結果、ユーザーは商品/サービス/サイトに関する情報発信および情報への接触の両方において積極的にアクションを起こしていること、またTwitter上で接触した企業・ブランド・サービスとは、深く身近なコミュニケーションができていると感じるユーザーが多いことがわかりました。(バックナンバーはこちら)

調査結果概要

 ユーザーの利用動向調査からは、Twitterユーザーの約半数がツイート内のURLをクリックしたことがあると回答していることから、WEBサイトへの誘導手段として効果があることが推測できました。また、Twitterに接触した後に「商品・ブランドの知識が深くなった」「商品・ブランドに親近感を持った」との回答はテレビCMに比べ多く、Twitterではユーザーと深く身近なコミュニケーションがとれることがメリットとしてあげられると考えられます。

調査結果のトピック

  • Twitterユーザーの半数以上がほぼ毎日閲覧
  • 利用歴が長いほど、Twitter上でURLクリック等のアクションを起こしている傾向
  • 企業のTwitter活用例として認知・フォロー共に「商品・サービス情報」「サイト更新内容」「プレゼント抽選」が上位
  • Twitterのメリットはユーザーとの深く身近なコミュニケーション

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~49歳の3G端末を保有している男女 ※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:520サンプル
  • 調査日時:2010年6月4日~6月7日

回答者プロフィール

  • 週に1回以上Twitterを閲覧している
■性年代(n=520)
■性年代(n=520)
■勤務先の業種(n=520)
■勤務先の業種(n=520)
■職業(n=520)
■職業(n=520)
■勤務先の業種(n=520)
■勤務先の業種(n=520)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Twitterユーザーの7割が今年に入ってから利用開始・はじめたきっかけ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/21 22:32 https://markezine.jp/article/detail/10779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング