SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

売上を倍増させる最新メルマガ作成塾

メルマガの女王が教える最強の販促ツール「メルマガ」の基本


メルマガは今でも最強の販売促進ツールです。メルマガを有効に利用するためにもメルマガの性格をよく把握し、メルマガ作成術で普遍的な部分と、商品や読者によって使い分けるテクニックの両方を身に付けていきましょう。

メルマガは本当に不要になってしまったのか?

 メルマガに取って代わってブログが全盛の時代を迎えているといわれています。企業ブログで商品情報の宣伝を行うケースも増えてきました。けれども本当にメルマガはビジネスにおいてその効力を失ってしまったのでしょうか。

『インターネット白書2006』(財団法人インターネット協会)によると実に44.7%の人がネットショップのメルマガから購入していると回答しています。弊社のクライアントの中でも、メルマガを発行した日とそうでない日の日計売上げで、約10倍の差が生じる店舗があるなど、今でもメルマガは最強のアピールツールとしての地位を確立しています。メルマガを上手に利用すれば、ビジネスの大きな武器となるはずです。

 私はメルマガの執筆代行の仕事をしています。つまりメルマガのプロということになります。たまに「メルマガの女王」などと冗談半分で言われることもあります。振り返ると、2000年に知人の懸賞サイトのお手伝いを始めたのが私とメルマガとの出会いでした。その懸賞サイトでメルマガを発行すると、思いのほか読者の反応がよく、そのうち読者からご返事をいただいたり、クリック率が上がり懸賞に応募してくださる方が増えました。これがきっかけで、気づいたらネットショップのメルマガを書くようになりました。

 当時は、メルマガの執筆代行という仕事は珍しく、ネットショップは、「自分でメルマガを書く」というのが常識でした。しかし、本当は「どうやって書いたらよいかわからない」「書く時間がない」といった悩みを抱え、発行していない店長さんも多くいらっしゃいました。そういったたくさんのネットショップのお手伝いさせていただいたのです。

 この頃の私は、1週間で18通のメルマガを執筆。各ネットショップのスタッフとして執筆していましたから、今自分が誰なのか、わからなくなってしまうこともしばしばありました。けれどもクライアントであるネットショップにとっては、メルマガは執筆代行を依頼してまで発行するほど販売効果のあるツールだったのです。 メルマガを発行する理由には以下の項目をあげることができます。

  • セールやイベントの告知・商品の特徴やメリットを伝える
  • クリックしてページに誘導する
  • 新規見込み客の獲得・育成(購買意欲の少ない方を育てていく)
  • 企業やお店の主旨やコンセプトを伝える
  • 企業やお店のファンをつくる
  • 顧客(読者)との接触回数を増やす
  • 読者を楽しませる(エンターテイメント性を持たせる)

 また上記に加え、メルマガのメリットとして、

  • 相互紹介で読者を増やすことができる
  • 広告的要素・一度にたくさんの人に情報を届けられる
  • 一度にたくさんの人とコミューケーションが可能になる
  • 発行時の手間とコストが小さい
  • タイムリーに読者へ情報を提供できる

といったことがあげられます。このように考えるとメルマガの必要性は、まだまだ高く利用価値はいまだに衰えていません。もちろんブログもアピールツールとしては重要な存在です。ただしブログは、お客様に来ていただいて購入していただく【プル型】のツールです。一方メルマガは、お客様のメールボックスにダイレクトに届く【プッシュ型】の販売ツールなので、両者を使い分けていく必要があると考えています。

メルマガの種類について

 メルマガは、大きく3つのジャンルに分かれます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
1. HTMLメルマガ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
売上を倍増させる最新メルマガ作成塾連載記事一覧
この記事の著者

白澤 明子(シラサワアキコ)

株式会社ムーサジャパン代表。売り上げアップ支援隊隊長。メールマガジン執筆代行をはじめ、最大時には、1週間に18通ものメルマガを書き、メルマガの女王との異名を持つ。多くの執筆、シ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/05/11 18:10 https://markezine.jp/article/detail/1143

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング