MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ブランディング、集客・販促、店舗販売のアシスト…
iPadマーケティング最前線事情

2010/09/26 11:00

 iPadをマーケティングへ活用する動きが進んでいる。この記事では、iPadマーケティングに果敢に取り組んでいる、各企業の取り組みを「ブランディング」「集客・販促」「店舗販売への活用」という3つの切り口から紹介していきたい。(バックナンバーはこちら)

 iPadマーケティングに取り組む企業はどのような目的で行っているのだろうか。増加しつつあるiPadアプリの中で、面白い試みを行っている事例を紹介していく。

ブランディング目的

情熱の系譜for iPad

 薬学博士マーケターが挑んだ、BtoB企業初のiPadマーケティング 私がiPadをマーケティング活用したワケとその成果薬学博士マーケターが挑んだ、BtoB企業初のiPadマーケティング 私がiPadをマーケティング活用したワケとその成果でも紹介されている、協和発酵キリンの「情熱の系譜for iPad」は、「社名認知」「業界認知」を目的として制作されている。iPadアプリの制作にいたった経緯などは前出の記事をご覧いただければ分かるので、ここでは割愛するがいわゆる、トリプルメディア戦略のオウンドメディアとしてiPadアプリを活用している。

Volkswagen Das

 次にご紹介したいのは、Volkswagenが提供する「Volkswagen Das」だ。これは雑誌形式のコンテンツなのだが、動画を多く盛り込んでいることに加えて、各所に隠された仕掛けが面白い「PLAY AROUND WITH SOUND」と名づけられたページでは、車のいたるところにマイクを仕掛けた写真が表れ、気になるスポットに触れるとその部分が発するサウンドが流れる。

 例えば、ドアを閉める音やエンジンをかける音など、Volkswagenの世界観を五感で味わえるようになっているのだ。触れて、見て、さわって、聞いて、という直接的な体験で、ユーザーに企業ブランドを感じてもらえる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5