SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2010レポート

ユーザー中心PDCAがマーケティングROI向上を現実化する! 成果10倍を叩きだす、PDCAアプローチ

実践~正しい高速Check→Action

成果向上のための効果検証→入口・出口分析

 成果向上のための効果検証を効率的に実行するためには、「コミュニケーションの仮説検証を目的に入口と出口のみを把握」し、施策の大局観を捉えることが最優先だという。

 そのためには、

  1. 仮説を検証するためにデータを見ることを強く意識すること
  2. ビジネス成果(=出口)にフォーカスすること
  3. データはユーザーごと(≒入口ごと)に検証する

 という、3つのアクションが重要になる。

 1は、やみくもに大量データを見るのではなく、事業判断を行うための、成果に直結するデータ分析をすべきであることを示している。2および3は大局観の把握を意味する。大局観を把握した際、大きな課題が見つかれば、そこからサイト内解析につなげ、詳細の深堀りを実行していく。

 入口(流入経路)とそれぞれの出口(成果)を追うことでユーザーシナリオ(Plan)ごとの成果を把握しておくのだ。サイト内の経路分析などの細かい分析は、P→Dのプランニングの際に実施すればよく、日々の運用では後回しでよいという。

分析時間の創出→業務効率化

 さて、実際の運用フェーズでは、データチェックや効果検証の準備作業にほとんどの時間が割かれ、成果を上げるための分析・改善に時間を割けないのが実状。

 きちんと改善しようと思えば思うほど、作業のための手間がかかり、気がつけばエクセルまみれになってしまう。作業の手間を最小限に抑え、分析・改善に頭脳を活かすためにも、自動化できる作業ではもっとツールを有効活用し、業務効率化を図っていく必要がある。

 このような課題を解決する方法の1つが、広告効果測定ツールの導入だ。多忙な広告主でも一目で成果を把握することができ、パラメーターの発行などの運用・管理も自動化することができる。広告効果測定ツールを導入することで、担当者は本来やるべき仕事である、仮説立案、成果検証、改善案実施といった作業に注力することができる。

 広告効果測定ツールの導入事例としてはサントリー酒類の事例が紹介された。ビービットが提供する広告効果測定システム『ウェブアンテナ』を導入した同社では、チームメンバー皆が成果を意識するようになり、週に1回は激しいグループディスカッションが展開されている。また、部下もレポート作成から解放され、改善施策の考察に集中できるようになったようだ。

 これまでの話を総括すると、PDCA実行に際し、P→D、C→Aを分けて考えることが求められる。P→Dでは、ユーザー理解をベースに、目指すべきゴール(成果)とターゲットユーザーを定義し、その間をつなぐ一貫したコミュニケーションシナリオを計画していく。また、C→Aのキーワードは正しい高速化。見るべき指標を絞り込み、広告効果測定ツールを活用して効率よくPDCAを回すことで成果が上がる。

  最後に遠藤氏は「みなさん、日々PDCAを回されていると思いますが、『本当に、正しいPDCAが回せているのか?』という点を、見直してみてはいかがでしょうか。この講演がそのきっかけとなれば嬉しく思います」と語り、講演を締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2010レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高澤 里美(タカサワ サトミ)

外資系IT調査会社での調査・分析、半導体産業新聞記者などIT関連分野で幅広く十数年の経験を積んだ後、フリーライターとして始動。IT分野を中心に、各種執筆活動を継続中。最近では、各種記事・原稿執筆に加え、IT関連企業各社のプレスリリース、ニュースレター、広報誌なども手掛ける。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/11 13:00 https://markezine.jp/article/detail/12201

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング