MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Facebookを2009年以前から利用している人の半数は
海外居住経験者

2011/01/31 11:40

 マクロミルは、1月下旬にFacebook利用者500名から得た回答をまとめた。米国を中心に世界で広く利用されているFacebookは、実名で登録することが特徴のSNS。登録したきっかけについては、「友達に勧められたから」が4割で最も多く、2010年以降に利用を始めた人が6割超となっている。また、2009年以前から利用している人の約半数は海外居住経験があった。

 Facebookに登録している「友だち」の数は平均で26人。こうした友だちと「実際に会ったことがある人」という回答は47.4%で、6割以上が「会ったことがある人が多い」としている。

Facebook上の「友達」はどんな人か(n=500)
Q.「Facebookでの「友達」は実際に会ったことがある人とない人のどちらが多いか?」(マクロミル調べ)

 Facebookで「実名」を登録している人は79%で、個人情報を公開することに対する不安の有無をたずねると「不安はない」「不安がある」はほぼ半々となった。また、Facebookユーザーの6割前後が、ツイッター、mixi、YouTubeを利用していることがわかった。

現在利用しているサービス(複数回答)(n=500)
Q.「現在利用しているサービス」(マクロミル調べ)

【関連記事】
資生堂、Ustreamでメーク番組、アジアの視聴者とFacebookで交流
ソーシャルメディアユーザーの2割がFacebookを利用
Facebookユーザの78%がSNSスパムを問題視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5