SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

あの先進企業に密着!第1回「Google」

クライアントを陰から支えるGoogleのMADMEN
― Google広告営業チームインタビュー

 優れた検索技術を核にして、トップクラスのエンジニアが生み出したプロダクトでビジネスを拡大してきた印象があるGoogle。だが、決して広く認知されているわけではないが、業界トップクラスの企業に深く入り込み、「Googleだからできること」を提供する広告営業という職種も存在する。AdWords、YouTube、AdMobなど世界最大級の広告サービスを抱えるGoogleの広告マンは、何を考え、どのように仕事に取り組んでいるのか。YouTubeで再生数100万回を叩きだしたキャンペーン「HOME'S PARTY」を担当した営業チームへのインタビューから、その流儀に迫る。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あの先進企業に密着!第1回「Google」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/05/16 11:00 https://markezine.jp/article/detail/13585

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング