SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

動画マーケティング最前線(PR)

急務となる動画のスマフォ対応
最適化するだけでPV増を実現した「Honda Movie Channel」

ただスマフォ対応するだけでは手間が増える。効率的な運用体制を築くには

 スマフォ向けに動画配信を最適化する。言うのは簡単だが、実現方法をよく考えておかないと、運用の手間が増えてしまう。

 リニューアル前のホンダの場合、PCではFlash形式で動画を配信。フィーチャーフォン向けにはASP型の外部サービスを使い、携帯端末ごとに最適化して配信するようにしていた。

 「PCとフィーチャーフォン用にそれぞれ動画を作成していたわけですが、エンコード等の作業を2本分並行して走らせていました。そこにただスマフォ用の動画を追加しては、2本分の手間が3本分に増え、運用が非効率になってしまいます。どうにかしてワンストップで、効率的に動画配信できる体制を作れないか。将来に向けて考えていく必要があると思っていました」(深山氏)

 それがBrightcove Video Cloudを入れたことで、動画を一元管理できるようになった。それぞれのデバイス向けに動画を用意しなくても、オリジナルの動画を1本アップしさえすれば、それで作業は完了。あとは自動でエンコードを済ませ、配信先のデバイス環境に応じて最適化して動画配信してくれる。

 さらに、動画活用の自由度も増した。以前は「このページにもサイズを変えて同じ動画を載せたい」と思った時には、サイズを指定して別途エンコードの作業を業者に依頼する必要があった。Brightcove Video Cloudの導入後は、業者への依頼が不要に。タグを発行して埋め込むことで、好きなページに好きなように動画を載せられるようになった。

 しかも、著作権が絡むCMなどの動画を管理する手間も削減できた。CM素材は出演しているタレントや、使用している楽曲の権利の関係から利用できる期間が限定されている。

 複数のページで利用していると、「期間までにどのページと、どのページで掲載を落とす必要がある」と管理が手間になる。それが一元化することによって元になる動画ファイルの設定を変えれば、すぐに動画配信を止められるようになった。

利用者数はまだ少なくとも、スマフォ経由の動画視聴は半数近く

 Brightcove Video Cloudを導入することで、動画配信・管理に関する懸念事項は解決できた。それ以外に、サイト全体のPV数が増加する効果もあったと深山氏は振り返る。

 「リニューアル直後にアクセス数が伸びるのは当然ですが、リニューアル効果が落ち着いた後も以前より高い水準で安定しています。特に動画のためにプロモーションしていたわけではありませんでしたから、スマフォ対応による変化でしょう。明確な効果があったことが分かります」(深山氏)

 なぜスマフォ対応することで、そこまでPV数が増えたのだろうか。

 これはホンダのデータになるが、ホンダのモバイルサイトを訪問するスマフォユーザーの比率は10%弱。しかし、スマフォユーザーは動画コンテンツと親和性が高いようで、モバイルでの動画コンテンツ接触者のデバイス別比率で見ると、なんと全体の40%強にまで跳ね上がっている。

 これまで再生できていなかった動画コンテンツをスマフォから視聴できるようにするだけで、PV数が増える。十分にその根拠となるデータと言えるだろう。

次のページ
ASIMOの動画視聴データで如実に表れたユーザーの関心

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
動画マーケティング最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/02/28 21:21 https://markezine.jp/article/detail/13920

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング