MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアド、「DoubleClick Ad Exchange」とのリアルタイムビッディング接続を可能に

2011/09/13 12:05

 「DoubleClick Ad Exchange」は、広告主、広告代理店、サイト運営者、広告ネットワークが広告配信をインプレッション単位で簡単に購入、販売できるオンライン広告市場。グーグルは今年8月に日本国内でのサービス提供を開始している。

 マイクロアドのディスプレイ広告管理プラットフォーム「MicroAd BLADE」は、今回の「DoubleClick Ad Exchange」とのRTB(Real Time Bidding)接続により、月間150億インプレッションの広告枠在庫に対して、MicroAd BLADEの各種ターゲティング機能やCPA最適化機能を用いて広告配信を行うことが可能となる。

【関連記事】
グーグル、ディスプレイ広告枠の売買市場「DoubleClick Ad Exchange」を国内提供
米グーグル、レストランガイドのザガット買収
「Pitta!」がリアルタイムビッディングに対応
cci、アドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」のフルサービス提供開始
medibaとマイクロアド、モバイルアドネットワークで連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5