MarkeZine(マーケジン)

記事種別

“ネイルアートを使った”超ミニサイズのストップモーションアニメ

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、韓国の自動車メーカーがPR用に作った、ネイルアートを使ったストップモーションアニメを紹介します。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2011年6月
  • 国名:USA
  • 企業名:起亜自動車
  • 業種:自動車

車の良さをネイルアートで表現

 今回紹介するのは、韓国の自動車メーカー「起亜自動車」から発売された小型車「Picanto」のプロモーション用ストップモーションアニメです。

 若い女性に向けて「Picanto」をアピールするために作られた本作。驚くべきことに、ネイルチップに一枚一枚デザインを描くことでアニメーションを制作しています。

 制作には、1,200本ものマニキュアボトルが使用されており、スタッフは25日間昼夜問わず作業を続け、900枚ものネイルチップ1枚1枚にアニメーションの1コマ1コマを描いて完成させました。ネイルチップ1枚につき約2時間を要したそうです。

 このように膨大な手間暇をかけて生み出された作品がコチラ。「Picanto」の鮮やかな青色の車体が徐々に迫ってくるアニメーションからスタートします。

 さらに、ラインストーンなどの装飾が次々とプラスされていきます。ここで「Picanto」がLEDランプ搭載であることを表現。

 一度ネイルが真っ白に塗りつぶされます。

 次に、黄色の「Picanto」に変わります。リアランプの装飾を行い、それが完了すると発進する様子が表現されています。

 続いて、新しい緑色の「Picanto」が軽快に走行。しかし、急ブレーキをかけてストップします。

 すると、いきなり風船が映し出され、「Picanto」が7つものエアバック搭載であることを表現しています。

 そして、「Picanto」がただ“小さいだけがウリじゃないんですよ”“限られたスペースを有効活用することで十分な機能を備えているんですよ”と表現します。

 最後に“環境にも優しいんですよ”と示唆して、アニメーションを締めくくっています。

プロモーションの模様をまとめた動画はコチラ

引用元サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5