SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年チャレンジしたい鍋1位は「トマト味」

 「お鍋の季節ですね」という言葉を交わす機会が多くなってきた9月から10月にかけて、オールアバウトは、主婦層向けウェブマガジン「暮らしのAll About」のユーザーを対象に、「鍋料理」に関する調査を実施。310件(男性10%、女性90%)の有効回答を得た。

 今回の調査で鍋料理に何を期待するのかをたずねたところ、7割近くの人が「野菜を摂るため」と回答。お鍋を楽しみながら、偏りがちな栄養バランスを補いたいという人が多いようだ。 しかし、鍋料理の悩みとして「味付けや具のマンネリ化」をあげる人も6割に達している。

 そんな鍋料理だが、これから試してみたい鍋の味としては、「トマト味」が39%で最も多く、「豆乳味」「カレー味」が続いた。また、子供がいる家庭は、トマト味を選ぶ人が多くみられた。鍋が余ったら「ご飯とチーズでリゾットにする」「パスタ・マカロニを入れる」との回答も多く、家族みんなで最後の締めが楽しめるところも魅力のようだ。

【関連記事】
注目の鍋料理は「ラー油鍋」
食材の放射性物質検査、「政府や自治体」より「企業や団体」に高評価
韓国女性が美容にかける時間と費用は日本女性の2倍
iPad所有者の7割が「寝る前に使う」、主婦にも人気
今年の食卓は「もやし」と「カレー」で乗り切った!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/10/18 12:40 https://markezine.jp/article/detail/14550

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング