SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」
【広告の有無によるネット通販売上比較】

 Eストアーは、同社のネット通販サービスを利用する事業者1万4560店を対象に、インターネット広告(リスティング広告やアフィリエイト広告など)の有無と売上件数に関する調査を10月に実施した。

 キッズ・グルメ・インテリアなどの“女子向け商品”を販売する店で、広告を実施した店舗は、同カテゴリーの広告なし店舗と比較すると、3~5倍以上の注文があることが判明し。広告効果が極めて高いことがわかった。

 その一方で、自動車・家電・スポーツ・ホビー・CDなどの男子向け商品を販売する店は、同カテゴリーの広告なし店舗と比較すると1.8倍以下の注文にとどまり、広告の効果が女子買い商品よりも低くなっている。

 Eストアーは、衝動買い需要の高い女子買い商品と非型番商品、ブラウス、スカートなどの品種名で検索される商品はインターネット広告が有効であり、型番や指名買い、目的買い需要の高い男子買い商品はSEO対策が有効であると分析。また、CD・DVD・本などは倍率が1.0を割り切り、広告効果は極めて低いとしている。

【関連記事】
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか
女性は「クチコミ誘発型」 男性は「自己完結型」
「ユニクロ×ニトリ」派は50代以上、「MUJI×ユニクロ」派は30代
ソーシャルメディアで影響を与えるクチコミは、専門家ではなく友人・知人
フェイスブック、小売では購買に直結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング