SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大企業の3割以上が従業員のメールをチェックするスタッフを雇用―米国リスクマネジメント事情

 メールセキュリティシステムのベンダーである米Proofpointが発表した調査報告書によると、メールなどの通信手段が企業のリスク要因として増加傾向にあることがわかった。

 情報漏えいに対する警戒感から、1,000人以上の従業員がいる企業の32.1%が社外へ送信されるメールの内容をチェックするスタッフを雇っており、より規模の大きい2万人以上の従業員がいる企業では、その割合は38.8%と高まっている。調査対象となった企業の約28%が、メールポリシー違反によって従業員を解雇しており、ブログや掲示板の不適切な使用のために従業員を処罰した企業は20%、SNSについては14%、メディア共有サイトについては11%となっている。

 しかし、利用できるウェブサービスが多様化した現在も、情報漏えいの主要な原因とみなされているのはメールだ。回答した企業の20%近くが、外部へのメールを法的、財政的、コンプライアンス統制におけるリスクとみなしており、全体の1/3が過去1年間のうちに、機密情報などをもらした疑いのあるメールの調査を行っている。また、メールサービスの中でも、特にHotMailやGmailなどのウェブメールに対する警戒感が高まっており、ウェブメールを機密情報などの漏洩手段となりうるものとして「懸念している」「非常に懸念している」企業は、全体の48.7%に達している。

プレスリリース:"2007 Proofpoint Survey Finds that 32% of Large U.S. Companies Employ Personnel to Read Employee Email"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/27 09:50 https://markezine.jp/article/detail/1524

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング