SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

マクドナルドの電車の時刻表を使った“遊び心がハンパない”広告

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。今回は、見ているとマクドナルドが食べたくなる不思議な時刻表です。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2012年
  • 国名:ポーランド
  • ブランド名:McDonald’s
  • 業種:ファストフード

見ていると食べたくなる時刻表

 マクドナルドがワルシャワ中央駅で仕掛けた「電車の時刻表」を活用したユニークな広告。これが、駅構内に設置された電子時刻表です。

 こちらの時刻表の何がユニークかというと…

通常の電車の時刻表の隣に、現在の時間から該当する電車が発車するまでの時間内で、食べられるマクドナルドのメニューを表示しています。人によって飲食にかかる時間は異なりますが、「食べるのに十分な時間(enough time to eat)」で算出しているようです。

 当然発車までの時間が先の電車ほど、食べられるメニューは多く表示されます。

 ちなみにこの時刻表の下には「マクドナルドはこちらに50メートル」という標識も付いており、おそらく店舗まで歩いて行く時間も考慮して算出されていると思われます。

 何でもメディアになるということを証明する企画。
 「おっ、まだ時間あるから、マック食べて行こうか!」という会話も聞こえてきそうな広告。
 この遊び心、ハンパないです!

 動画はコチラ

 参考サイト

Creative Criminals

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング