SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TAGGY、オプトとデータフィード最適化エンジン共同開発
ECサイトの外部プロモーション効率化を実現

 TAGGYは、オプトとデータフィード最適化エンジンを共同開発し、ECサイト向け商品データ自動最適化サービス「Multi Channel Publisher(MCP)」(以下MCP)として、8月30日よりオプトが販売を開始した。

 「MCP」は、TAGGYが持つWebデータ二次活用の特許技術「JIZAIエンジン」を組み込んだ国内初の商品データ自動最適化サービス。これにより膨大な商品データを持つECサイトは、自らCSVやTSVデータを用意せずに、さまざまな外部プロモーションチャネル(商品検索・比較サイト、アフィリエイトサイト、リターゲティング広告等)に最適化されたフォーマットで既存商品データを転用でき、WEB上での効率的な新規顧客獲得が可能になる。

 「MCP」は現在、商品検索・比較サイトのGoogleショッピングに加え、リターゲティング広告のCriteo、およびdeqwasに対応。今後も対応可能なチャネルを順次拡大し、ECサイトの外部プロモーション効率化を目指す。

「Multi Channel Publisher(MCP)」の仕組み

 「MCP」は、ECサイト上の商品データをデイリーで収集・解析し、各プロモーションチャネル指定のフォーマットに自動的に最適化する。在庫切れ商品などをデータから除外することも可能。今まで手作業で行っていたデータ更新を自動化し、作業コスト削減に貢献する。

【関連記事】
TAGGY、セマンティック変換技術「おもてなしエンジン」で特許を取得
オプト、TAGGYと資本・業務提携
コマースリンク、Criteoのリターゲティング広告に対応
「妊娠・出産・育児」に関する行政サービスの情報発信ツール「ママフレ」 オプト、コンテンツパートナー企業の募集開始
オプト、ソーシャル上のインエンサーを抽出できるデータベース「Social-SIS」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング