SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スマホ広告配信ツール最新動向(PR)

運用次第でCPAが半減 DSPも“運用が大切”
【スマートフォン広告最新事情】

初期作業の目安は3~4日、広告主はシナリオ設計に集中

 ユーザーの置かれている状況ごとにコミュニケーションするシナリオを考えて――とは、かなり前から言われていたことではある。だが「どう実現するか」というところで、手助けになる有力なツールがなく、高度な運用体制を築けるかどうかは担当者の力量に大きく依存していたのではないだろうか。

 「従来は、運用・管理がすごく大変だったんでしょう。それがDSPという共通のダッシュボードができて、複数の広告ネットワークへの配信を一元管理できるようになったことで、ものすごく運用作業が簡素化しました。『これだけ簡素化されたんだったら、もっとやれることはあるんじゃないか』と、今後はユーザーごとのシナリオをしっかりと考える企業が増えてくるのではないでしょうか」

 なお、ここまでに取り上げてきたような運用をBypassで実現するには、既にPC向けのDSPなどで慣れている企業なら、初期の作業に掛かる作業期間の目安は3~4日程度。慣れてない企業でも、弊社DSP事業部のコンサルタントがサポートすることで広告主、広告代理店は前途説明したような、オーディエンスマネジメントとシナリオ設計に集中することができる。

顧客開拓が順調なBypassの課題は広告在庫の確保と新機能開発

 同社DSP事業部の二戸有紀氏によると、Bypassを利用中の広告主数は約80社、キャンペーン広告数は約290件(2012年8月時点)となり、2012年4月のサービス開始以降増加するペースはますます勢いを増している。

モーションビート株式会社
DSP事業部 
二戸有紀氏

 「広告主様・代理店様はターゲティング機能を重視される傾向があるのですが、Bypassのターゲティング機能について説明すると『充実している』と評価いただけますね。競合のDSPと比較されることはほとんどなく、『この機能はBypassにしかないから』と導入いただけることが多くなっています」(二戸氏)

 Bypassの今後については、「海外への進出を視野に入れているのと、機能面をさらに充実させていきたいと考えています」と岡部氏。

 9~10月には複数のSSPとの連携が完了する見通しで、現状で30億ほどの広告在庫を、早期に100億まで持っていきたいと意欲的だ。

 「あとは広告配信の最適化にかかわる機能と、オーディエンス・ターゲティングを意識した機能を急ピッチで開発中です。Bypassをご利用いただいている広告主が、もっと大きな規模でプロモーションを展開しつつも、手間を掛けずに最適化できるようにしていきたいです」(岡部氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
スマホ広告配信ツール最新動向連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング