SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルクラシファイド広告サービス「WishScope」手数料無料で中古品売買可能に

 ザワットは、ソーシャルクラシファイド広告サービスの「WishScope」において、9月12日より、中古品とスキルの売買が可能になった。

 クラシファイド広告とは、数行程度の簡素な広告を、内容ごとに分類し、まとめて表示する広告スタイル。元々は新聞やフリーペーパーなどでポピュラーな広告であったが、近年では米国のローカル情報コミュニティサイトのCraigslist(クレイグズリスト)を中心にWebサービスとして展開。米国では5,000万人が日常的に利用している。

 「WishScope」はFacebookの登録情報を利用し、安全性とマッチング率を高めたソーシャルクラシファイド広告サービスとして2011年12月から展開。不要品を買いたい、仲間を募集したい等、日常の中で生まれるニーズを投稿すると、解決してくれる人から連絡が届く。現在約60,000人の利用者を抱える。

 これまでは、買い手サイドの投稿のみ受け付けであったが、昨今のFacebookを利用した実名性によるコマースの市場の立ちあがりを鑑み、売り手サイドの投稿の受付を正式に開始した。従来のeコマースサービスと異なり、取引手数料は無料で利用できる。

【関連記事】
ヤフー、第三のECサイト「Yahoo!バザール」10月オープン
経済産業省、平成23年度国内電子商取引市場調査結果発表 国内BtoCのEC市場規模は8.5兆円に成長
アイスタイルとアライドアーキテクツ、化粧品・美容業界に特化したFacebook活用パッケージを共同開発
TSUTAYA、中古買取・販売を行う「ecobooks」1号店を横浜にオープン
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター、遅れをとるフェイスブック巻き返しなるか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング