SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo!よりGoogle・楽天の利用がこの1年で増加」日経リサーチ調べ

 日経リサーチは、インターネットの利用サイトについて質問したところ、検索サイトではYahoo!の圧倒的な利用率の高さが確認されたが、この1年間での変化については、Googleや楽天の利用時間が増加していることがわかった。調査期間は2007年6月14日~6月19日、調査対象は16~69歳の男女5,079人。

 ネットユーザーに対し、「直近1ヶ月にパソコンからインターネットアクセス時に利用したサイト」〔下記グラフ左〕を聞いたところ、「Yahoo!」が9割を超える利用(90.4%)で2位以下の「Google」(61.3%)、「楽天」(42.8%)を大きく引き離した。

日経リサーチ(グラフをクリックすると拡大します)

 また、そのサイト利用者を対象に「この1年間でのサイトの利用増減の変化」〔グラフ右〕について聞いたところ、利用が「増えた」割合が最も高かったのは、「Yahoo!」(24.3%)ではなく、「Google」(36.5%)、次いで「楽天」(34.0%)だった。

 これは利用が「増えた」から「減った」を引いた値でも明白で、「Yahoo!」のスコアが17.3であるのに対し、「Google」が31.7、「楽天」が25.5と「Google」「楽天」が「Yahoo!」を上回った。反対にMSN(-1.4ポイント)と、excite(-4.9ポイント)は、「減った」が「増えた」を上回る結果となった。

プレスリリース:日経リサーチ、「インターネットの利用サイト」に関する調査結果を発表


 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:26 https://markezine.jp/article/detail/1646

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング