SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、スマホ開発用の画像変換フレームワーク「GPUImage for Android」とモックサーバ「easy mock」公開

 スマートフォンサービスの開発に注力しているサイバーエージェントは、より効率的なサービス開発を実現するために、Android向けの画像変換のフレームワーク「GPUImage for Android」と、効率的にWebサーバとの通信テストなどを行うことができるモックサーバ「easymock」を開発。オープンソースとして公開した。これらは、今年8月にリリースされたオークションサービス「パシャオク」のために開発されたもの。

 「GPUImage for Android」は、これまで代表的なライブラリが存在していなかったAndroid向けに開発した画像変換のフレームワーク。画像変換のフレームワークとして有名なiOS向けの「GPUImage」とも互換性が高く、iOS、Android向け共にサービスを提供する場面でも効率的に開発することが可能となる。

 「easymock」は、ネイティブアプリ開発で必要となるWebサーバとの通信を伴う処理のテストを、サーバサイドでの開発を待つことなく、開発途中の段階で随時行うことができるモックサーバ。簡単に多彩な表現のAPIをテストすることもでき、開発を効率的に行うことができる。

【関連記事】
10代女性スマホ所有者のLINE利用率は73.0%
サイバーエージェント、11月末までにスマホ向けに109個のサービス提供
DeNA、サイバーエージェント子会社サイゲームスの株式の一部を74億円で取得
ミクシィとDeNA、ソーシャルゲーム開発基盤を共通化
Amazon.co.jp、「Amazon Androidアプリストア」をオープン
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/29 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16845

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング