SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通「マーケティング・クラウド」プラットフォームオープン化

 電通は「マーケティング・クラウド」プラットフォームをオープン化し、ITソリューション領域などのパートナー企業との連携を推進していくことを発表した。「マーケティング・クラウド」とはクラウドを活用した統合型マーケティング・ソリューション。

 今回のオープン化により、クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータなどで強みを持つITソリューション企業とオープンにクラウド上で連携することで、マーケティング領域でグローバルに通用するシステムやツールを提供していく。

 スマートフォンの普及やソーシャルメディアの浸透により、人の情報発信や情報接触、購買行動に変化が生じ、マーケティングビジネスの環境は一変した。こうした変化により、ビッグデータをリアルタイムで分析し、マーケティング活動をよりスピーディーにかつ最適に行っていく必要性出てきた。

 そこで、今後は特定企業とのコンソーシアムに留まらず、「マーケティング・クラウド」のプラットフォームをオープン化することで、顧客企業のマーケティング課題に応じて、参画するITソリューション企業などのパートナー企業がオープンに連携する仕組みを構築する。

 まずは既存のプラットフォームの機能拡充を進め、セールスフォース・ドットコムが新たに提供するソーシャルメディアを活用した「Salesforce Marketing Cloud」との連携を図る。

【関連記事】
電通、「感性工学」で購買行動解明「ULHINT」開発~潜在意識から購入決定プロセスを解読
「ソーシャルで彼氏・彼女とつながりたくない」8割【電通PR調査】
電通グループ、流行の先読みサービス「電通トレンドソナー」
ホットリンク、セールスフォースとシナジーマーケティングと資本業務提携
博報堂、セールスフォースと連携しクラウド型顧客プラットフォームを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/07 11:00 https://markezine.jp/article/detail/16889

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング