SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、PC版が無料通話機能に対応~フィーチャーフォン等もPC版から音声通話利用が可能に

 NHN Japanは、同社が運営する「LINE」のPC版(Windows/Mac対応デスクトップ常駐型クライアント)において、無料通話機能を搭載したことを発表した。

 LINEは、ユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・メールが楽しめるスマートフォンアプリ。現在、世界230以上の国や地域、世界8,200万人・国内3,700万人のユーザーに利用されている。

 PC版通話機能は、PC版ユーザー同士はもちろん、iPhone/Android版のユーザーとも無料で音声通話が可能。音声通話を利用しながら、PCの大きな画面で他のユーザーとの「トーク」(チャット)を同時に利用できる。また、音声通話を着信した場合には、PC版とiPhone/Android版で同時に着信を通知するので、どちらのデバイスで応答するか選択可能だ。

 また、PC版で音声通話が可能になったことにより、音声通話機能には非対応のフィーチャーフォン/Windows Phone/Blackberry版ユーザーにおいても、PC版を通じて音声通話機能を利用することが可能に。

 LINEでは2011年10月にiPhone/Androidアプリを対象に音声通話機能をリリースして以降、継続的に通話品質の改善を実施。これまでも大規模なシステム改修を実施しており、通話品質・利用回数ともに向上している。

【関連記事】
LINE、登録ユーザー数8,000万人突破~海外での普及・成長スピードが加速
10代女性スマホ所有者のLINE利用率は73.0%【LINE利用動向調査報告書2013より】
12月上旬、ビジネスアカウント「LINE@」提供開始~O2Oマーケティングプラットフォームへ
DeNA、実名制の無料通話サービス「comm」をグローバル展開
ヤフー、カカオジャパンに資本参加、「KAKAO TALK」など共同展開へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/07 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング