MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ついに真打ち登場!「アドエビスが3PAS市場を変える」
ロックオン、第三者配信事業へ参入。その背景と狙いとは?

 広告配信手法が進化する中、効果測定方法へのニーズが従来の「クリック起点」から「ビュー起点」に移行しつつある。そのニーズに応えるべく、「アドエビス」を提供するロックオンは、1月、第三者配信事業への参入を発表した。ビューデータを計測する「ViewThruエビス」によって、新たな価値を提供できるようになったという。詳細を聞いた。

「クリック起点」ではなく「ビュー起点」での評価を

 同社が提供する広告効果測定システム「アドエビス」は、広告効果測定機能を網羅的に有する。導入実績は5,500件超、調査会社シードプランニングが2007年に実施した調査によると国内シェアNo.1のサービスとなり名実ともに業界を牽引してきたといえる。

 これまでの広告施策評価はクリックベースで、バナーやリスティング広告がクリックされてはじめて評価対象となる。しかし本来であれば広告施策の評価はクリックだけではなく、ビューも含めたトータルの接触点で評価すべき。ビューデータも収集すると取得データ量がこれまでとは比較にならないほど増大するが、同社ではどのように考えているのだろうか。

 「ビューとクリックのデータ量がどれくらい違うかというと約1000倍。例えるなら、『富士山』と『物干し竿』の高さくらいの差になるのじゃ!!

 どーん!

 「……あれ?! 「アドエビス」のキャラクター、エビスくんではないですか。えっと、今日は岩田社長のインタビューに伺ったのですが…」(記者)

 「どうも、どうも」 (岩田社長)

 「…あっ、岩田社長!笑」(記者)

 「大変失礼しました。一度やってみたくて。でも似合うでしょう?! このままエビスくんとして話してもよいかと思ってるのですが、どうですかね?」(岩田社長)

 「……お気持ちは嬉しいのですが、社長の姿でお話を聞きたい読者さんも多いと思いますので…」(記者)

 「いやでも…」(岩田社長)

 「社長…」(記者)

 「そうですか…。では残念ですが、本来の姿に戻りましょう」(岩田社長)

 …では改めて、今回、第三者配信事業参入のきっかけから岩田社長に聞いていこう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5