SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

就職活動に利用しているソーシャルメディア3位に「LINE」が初登場【電通PR「ソー活調査」】

 今回の調査は、関東と関西に居住する男女それぞれ150人の大学生から回答を得た。昨年(47.3%)に引き続き、2年連続で約半数(45.3%)の学生が、就職活動にソーシャルメディアを利用した就職活動、いわゆる「ソー活」を行っている。

 就職活動に利用しているソーシャルメディアは、1位「Facebook」(30.3%)で、昨年1位だった「Twitter」(22.7%)は2位。3位には「LINE」(13.0%)が初登場。基本的に実名登録であるFacebookを名刺代わりに、ニックネームで利用できるTwitterは気軽な情報収集や私的なコミュニケーションに利用しているとする回答が複数みられた。

 「ソー活」をしている人の割合は、男性45.3%に対し、女性54.7%と昨年同様、女性のほうが多い。「ソー活」を行う理由では「少しでも企業の情報が欲しいから」「エントリーシートや面接のヒントを得るため」「使える手段はすべて使いたいから」の項目で女性が男性を大きく上回っており、ソーシャルメディアを活用する女性の積極的な姿勢が明らかになった。

【調査概要】
調査主体:電通パブリックリレーションズ「ソーシャルメディア実験室「アンテナ」
調査手法:インターネットを使ったアンケート形式
実施時期:2012年12月28日~2013年1月16日
調査対象:就職活動中の大学3年生。関東1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)および関西の2府2県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)に居住する男女それぞれ150人の大学生。

【関連記事】
フォロワー数やファン数で人事にアピールする「新卒2014・就活生全国ランキング」
スマホやSNSがあるから「ひとりでもさびしくない」大学生の「おひとりさま行動」
「ソーシャルで彼氏・彼女とつながりたくない」8割
ソーシャルメディアでイメージする企業とは?
サイバーエージェント、SNSのフォロワー獲得数上位者を別枠で選考する「intely採用」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/06 13:21 https://markezine.jp/article/detail/17176

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング