SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

FEATURE

YouTubeマストヘッドでユニクロ、バンダイナムコゲームス、日産など6社競演 「クリエイティブウィーク~Beyond Click~」2月19日から開催

 2月19日~24日の6日間、YouTubeマストヘッド枠にキリンビール、日産、バンダイナムコゲームス、富士フイルム、ユニクロ、ワコールら6社のクリエイティブが日替わりで掲載される「クリエイティブウィーク~Beyond Click~」。このプロジェクトを担当するGoogle社の柳井亮さんにお話をうかがった。

6社競演! YouTubeマストヘッドクリエイティブウィーク開催

――そもそも「マストヘッド」とは?

 「YouTubeトップページのナビゲーションバーの下部分です。マストは「船の帆柱」の意味で、それくらい目立つようにと、サイズは970×250ピクセル。1日に掲載するクリエイティブは1広告主さまのみで、ダブルクリックのサーバから広告配信します。

 通常のバナーを掲載することはもちろん可能ですが、動画やゲームもできますし、映画のチケットを購入できる仕組みが作られたこともありました。バナーから自社のランディングページに飛ばすという使いかただけでなく、マストヘッドだけでキャンペーンを完結させることもできる。ネットならではのさまざまな可能性を秘めているのがマストヘッドなんです」

ここがマストヘッドだ!(DoubleClick Rich Mediaヘルプより)

――クリエイティブウィークの趣旨を教えてください。

 「まずは、マストヘッドにおけるクリエイティブの幅の広さをご理解いただくため。通常のバナー広告としての活用以外にも、さまざまな機能を提供しています。動画やゲーム、画像の幅を自由に変更できるなど、まだまだ使える機能があることをご理解いただきたいと思います。

グーグル株式会社
広告ソリューション推進本部
プロダクト&ソリューション
スペシャリスト
柳井 亮さん

 さらに、ネット広告の評価指標をもっと広げたいという考えもあります。ネット広告はデータが取得できるという特徴から、コストパフォーマンスが必要以上に問われてきたのではないでしょうか。CTRやCPCはもちろん重要な指標ではあるけれど、それだけが判断基準ではないし、もっとマーケティングを向上させる他の指標もあるはずです。

 こうした理由から、今回Googleから6社の広告主さまに『おもしろいことをやりましょうよ』とお声がけし、開催が決まりました」

――広告主からもそうしたニーズは聞かれますか?

 「とくにブランド企業と呼ばれる広告主さまからは、マストヘッド上で完結するのも、自社のランディングページに飛ばすのも、両方やりたいという声が聞こえてきます。

 今回のクリエイティブウィークでは、滞在時間、接触時間、マウスオーバーの回数などネット上でデータを取得できるもののほか、『このブランドを好きになりましたか』『商品を覚えていますか』といったパネルへの調査もかけてレポートを作成します」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ネット広告にクリック以外の評価基準を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
FEATURE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング