SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、「検索品質評価ガイドライン」をはじめて一般公開

 Googleは3月1日、同社の検索サービスについてのさまざまな情報を公開するページ「How Search Works」をオープン。その中でGoogleはこれまで非公開としていた、検索品質評価についてのガイドライン「Search Quality Rating Guidelines」をはじめてPDFファイルとして公開した。

 検索情報サイト「Search Engine Land」の記事によると、グーグルは、検索結果の品質を評価するために第三者機関を利用しており、その担当者のトレーニング用資料として作成されたものだという。

 43ページの資料は3つのパートに分かれており、第一部「Rating Guidelines」、第二部「URL Rating Tasks with Query Locations」、第三部「Webspam Guidelines」で構成されている。アイレップSEM総合研究所所長の渡辺隆広氏のブログ「SEMリサーチ」でもその内容について触れており、「一度も見たことがない人は、目を通しておくといいかもしれません」とコメントしている。

【関連記事】
日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行
動画視聴者数トップ3はGoogle・ドワンゴ・FC2
Google Nowでフライト情報が閲覧可能に
グーグル、非ログインユーザーの検索も暗号化、検索キーワードの取得は厳しい状況に
ヤフー、「スポンサードサーチ モバイル」の掲載順位決定方式を変更、「広告品質」も重視

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/06 12:00 https://markezine.jp/article/detail/17342

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング