SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Yahoo!、「Tumblr」を11億ドルで買収との報道

 Facebookが2012年4月に、写真共有サービス「Instagram」買収の際に提示した10億ドルを上回る11億ドルでTumblr社はYahoo!の買収に応じたとWall Street Journalは報じた。

 ミニブログサービス「Tumblr(タンブラー)」は、CEOのデビッド・カープ氏が2007年にスタート。カープ氏は1986年生まれの26歳。Tumblrは、ミニブログ、マイクロブログと呼ばれるサービスの仲間で、このカテゴリにはTwitterやPinterestなども含まれる。Tumblrは主に、写真や動画、短いテキストを手軽にクリップするのにつかわれている。好きなブランド、アーティスト、友だちなどをフォローすれば、次から次へと、思いもかけない情報やヴィジュアルが流れてくる。自分から投稿せずに、流れてくるコンテンツを楽しむためだけにアカウントを設けている人も多いだろう。

 今回の買収が話題になると、ネット上では国内外で批判的な言葉が多く見られた。というのも、Yahoo!がこれまで買収してきたソーシャルサービス「delicious」「Flickr」といったサービスが、買収後に存在感を失っていったからだ。しかし、2012年7月に、Yahoo!のCEOに就任したマリッサ・メイヤー氏に期待する声もある。

 Wall Street Journalは、今回の買収合意の記事の冒頭で、Tumblr社を「1億人以上のユーザーを持ち、ほんの少しの収益しか上がっていない企業」と評した。と同時に、Yahoo!がこの膨大なコンテンツを持つサービスで広告を展開することの意味についても論じている。センスのよいクリエイティブな人々がTumblrを利用する一方で、10代の若いユーザーも多い。しかし、Tumblrにはエロティックな画像があふれているのも実情で、そのことを危惧する声もある。モバイルとの親和性の高いTumblrが、買収後、どのような変化を見せるのか注目が集まっている。

【関連記事】
Facebook、Instagram買収を発表
Facebook Japanの代表取締役に岩下充志氏が就任
スマホのホームがFacebookになる「Facebook Home」
米Yahoo!と米Googleがコンテキスト広告で連携
「LINE」スペインのユーザー数1,000万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/20 12:30 https://markezine.jp/article/detail/17793

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング