SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

無印良品とPARTY、キャンペーン「MINI to GO」で3Dフィギュアのプレゼント企画

 今年のキャンペーン名は「MINI to GO」。旅行向けに7000アイテムから選び抜かれた商品群「MUJI to GO」のアイテムと3Dフィギュアを連携させた動画発信、プレゼント企画、売場およびWEB展開で、世界中に無印良品とそのコンセプトを発信する。

 キャンペーン期間中はウェブで応募した人から抽選で1家族にANA就航便の発着する区間の旅と3Dフィギュアをプレゼント。3Dフィギュアは、昨年3Dプリンタを使ったフィギュア展を開催して、話題となったクリエイティブ・ラボ「PARTY」が手掛ける。本物の家族が旅をし、目的地である地球の裏側=背中で自分たちの旅を形に残した3Dフィギアと対面するというストーリー。このストーリーを映像化し、WEBやSNSで発信することで、MUJI to GO の世界観を拡散させるのが今回のキャンペーンのねらい。

2012年11月から表参道GYREで開催され話題となった
自分のフィギュアを作れる展覧会「OMOTE 3D SHASHIN KAN」(撮影:MarkeZine編集部)
2012年11月から表参道GYREで開催され話題となった、自分のフィギュアを作れる展覧会「OMOTE 3D SHASHIN KAN」

 「MINI to GO」は7月12日~8月15日、世界5か国に展開するMUJI to GO単独店13店舗を含む全世界の無印良品で展開。世界4都市の旗艦店(有楽町、グランフロント大阪、上海APM、ニューヨークタイムズスクエア)では、来店者に3D画像を体験できるブースを設置し、撮影した画像をプレゼントする。

【関連記事】
SNSを見て旅に行きたくなる人は87.1%
ドコモ、JTBと共同でスマホ向け旅行サービス提供
東京駅丸の内駅舎のイベントで話題の「3Dプロジェクションマッピング」市場調査
マイクロアド、ユーザーターゲティング広告配信を3Dグラフィックで可視化
3Dプリンター、低価格製品も登場しパーソナル化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/10 11:15 https://markezine.jp/article/detail/17927

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング