MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「ネットをフル活用しクリエイターと読者のために世界を変える」『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』の剛腕編集者が描くコンテンツの未来像

 『ドラゴン桜』『働きマン』『宇宙兄弟』など、講談社で数々のヒット作品の編集を担当した佐渡島庸平さん。昨年の10月に独立後、作家のエージェント業を担う株式会社コルクを設立しました。エージェント業を「コンテンツの価値と収益を最大化する仕事」と説明する佐渡島さん。インターネットをフル活用し作家の作品を世界中の読者に届けようとしています。その戦略を伺いました。

三田紀房氏の新作を、モーニングとヤフーで同時公開

 ―― 会社設立直後から『宇宙兄弟』の小山宙哉さんや『ドラゴン桜』の三田紀房さんなど、錚々たる作家さんのエージェント業をスタートされましたが、そもそもエージェントとは何をするお仕事なのですか。

 ありがとうございます。エージェント業を説明するには、まず作家と出版社の関係性からお話せねばなりませんが、よいですか?

株式会社コルク 代表取締役社長 
佐渡島庸平(さどしま・ようへい)さん

 

 ―― よろしくお願いします。

 通常、漫画家や作家は、編集者と企画を練り、作品をつくります。作品はまず雑誌や新聞に掲載され、その後単行本となって再び世に出ます。

 ―― はい。

 コンテンツの出口は、雑誌や単行本だけではありません。ドラマ、映画、キャラクターグッズなど、たくさんの出口があります。しかし出版社は雑誌や単行本をつくるのを最優先し、他の出口は他社からの提案を待ちます。

 ―― 出版社としての機能は果たしているけど、作品を活かしきれていない、ということですか。

 はい、そうです。では、「出版社の機能」って、そもそも何だと思いますか?

 ―― 作家と一緒に作品をつくることでしょうか。

 いまの出版社は、それも兼ねています。でも出版社にしかできないことがあるんです。

 ―― 本を書店に流通すること?

 そうです、いわゆる「本のロジスティクス」です。出版社が持つ一番の強みは、このロジ機能です。そこに特化していく方が、出版社はうまくいくと私は考えています。

 ―― 作品をつくる機能は、どこに行っちゃうのでしょう。

 もちろん、出版社の編集者もそれを担うでしょう。しかし同時に、それがエージェントに託される方が健全な競争が起きると思っています。エージェントはまず、作家と一緒に企画を練ります。この段階では、どの雑誌で掲載されるのか、それとも全く日の目を見ないのか、分かりません。でも「この作品には価値があるの?」「世間はこのストーリーに興奮するの?」と問いかけながら、コンテンツをブラッシュアップします。

 ―― どこに掲載されるのか分からないのに?

 はい、掲載先が決まっていると安心感はありますが、いい作品を生み出すという目的において、そのような保証は必要ありません。いい作品を作れば、エージェントが最適な掲載場所を見つけてくれる、と作家に信じてもらうことが重要です。雑誌の掲載だけにこだわる必要はありません。たとえば雑誌の掲載と同時期にインターネットで無料公開しても構わないわけです。ちなみにいまお持ちのパソコンで、「ヤフー インベスターズZ」と検索してもらえますか?

 ―― はい。あ、ヤフーのサイト上に、『インベスターズZ』という漫画のプロモーションサイトが出てきました。

 『インベスターズZ』とは『ドラゴン桜』で有名な三田紀房さんの新連載漫画なのですが…いまご覧頂いているサイトは、単なるプロモーションサイトじゃないんです。『インベスターズZ』は講談社の漫画誌「モーニング」に掲載されていますが、その発売日に、このサイト上でも無料公開されるんですよ。

 ―― え、そんなこと、していいのですか。

 エージェントとは、作家と一緒に、コンテンツの価値と収益を最大化させるのが仕事です。作家の収入の一定割合を頂戴します。ですからコンテンツを広めるためにベストだと思えば、作家と相談して「ネットで無料公開」してもいいんです。

 もちろん、これからも雑誌や単行本を通じた流通は最重要戦略です。でも主体が出版社から作家及びエージェントに変わることで、それ以外の発表形態も自由に模索できるんですよ。『インベスターズZ』は、その試験的な試みでもあります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5