SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「肌のかかりつけ医」を目指して
ドクターシーラボが目指す「おもてなしEコマース」とは

 創業から15年、肌トラブルに寄り添うスキンケア用品が支持され続けている「ドクターシーラボ」。創業者の城野親德さんが皮膚科医ということもあり、いまも大切にするのはお客さまの悩みに寄り添う姿勢です。なかでもEコマースサイトでは、「おもてなし」の心を具現化しようと目下奮闘中。果たしてテクノロジーを使ったおもてなしとは、何を指すのでしょうか。エクスペリアンジャパンの中澤氏が迫ります。

会社のはじまりが「おもてなし」に近い

株式会社ドクターシーラボ マーケティング部 
eコマースグループ グループ長 西井敏恭氏(写真右)
エクスペリアンジャパン株式会社 執行役員 CMO 
マーケティング部 中澤伸也氏(写真左)
株式会社ドクターシーラボ マーケティング部 eコマースグループ グループ長 西井敏恭氏(写真右)エクスペリアンジャパン株式会社 執行役員 マーケティング部 中澤伸也氏(写真左)

 中澤:今、御社では「おもてなし」をテーマに事業を行っていると伺いました。一方的にメールマガジンを送る、自社の宣伝ばかりするのではなく、もっとお客様のニーズをくみ取り、相互の関係性を高めようとする動きなのかな、と理解していますが、実際のところどんなことを「おもてなし」と考えていらっしゃるのか伺えますか。

 西井:当社の場合、会社のはじまりが「おもてなし」に近いかもしれません。ドクターシーラボを創業した城野親德は皮膚科医で、化粧品を使ったトラブルの症例を多く診てきました。せっかくお金と時間をかけて治療し、一度治ったのにまた化粧品で肌荒れを起こしてしまい、治療に戻ってくる患者さんがたくさんいたんです。それで、治療後もずっと使えるスキンケア用品を作ったのがドクターシーラボの商品の始まりです。

ドクターシーラボ
ドクターシーラボ

 中澤:確か、遠方から治療にいらっしゃる方も多いクリニックだと伺いましたが…。

 西井:そうなんです。クリニックは現在も、本社があるビルの敷地内にあります。治療後に処方するスキンケア用品だったので、そのためだけに遠方から何度も足を運んでくださる患者様もいらっしゃいました。ドクターシーラボ設立前は法人ではなかったので宅急便で「代金引換」の対応はできなかったのですが、法人化にすることで、スキンケア用品を代引きでお届けできるようになったんです。

 中澤:そんな話があったんですか! 御社とは長いお付き合いですが、知りませんでした(笑)。「商品を届けるために、お医者様が創業した」というDNAは、社内にどのように残っているのですか。

 西井:創業して15年経ちますから、正直、効率重視に陥りそうになったことはあります。たとえばコールセンターでは、効率性を重視し、通話時間をKPIにしていたこともありました。短ければ短いほどいい、という発想で。でもいまはどれだけ時間をかけてもいいので、お客様の喜びの声をいただくことを優先しています。お客様としっかりお話することで、長期的にドクターシーラボの商品を愛用いただくことが大事だと考えて、一回あたりの通話時間という指標をなくしました。

 また、お客様の声はカスタマーサポートの担当者だけではなく、弊社の社長を含めた経営陣もひとつひとつ目を通します。商品やサービスの開発にも活かされていますし、そういった一人ひとりの声にじっくり耳を傾けるという姿勢は、当社の大切なDNAのひとつですね。

エクスペリアンジャパンの紹介
  • 到達率に自信!6年連続No1獲得のメール配信システム。
    MailPublisherについて詳しくはこちらから
  • 「これがやりたかった!」が出来るキャンペーンマネジメントソリューション。
    MailPublisher suiteについて詳しくはこちらから

次のページ
「非効率」でもコミュニケーションを大切にしたい。テクノロジーを活用して

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤 麻紀子(サイトウ マキコ)

フリーランスライター・エディター74年生まれ、福岡県出身、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。 コンサルティング会社にて企業再建に従事したのち、独立。ビジネス誌や週刊誌等を通じて、新たなビジネストレンドや働き方を発信すると同時に、企業の情報発信支援等も行う。震災後は東北で起こるイノベーションにも注目、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/27 16:15 https://markezine.jp/article/detail/18415

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング