MarkeZine(マーケジン)

記事種別

6割超が海外スマホゲームで遊んだ経験ない~チュートリアルの日本語対応がカギか【CyberZ調査】

2014/01/28 09:45

1か月でインストールするスマートフォンゲームの本数

 1か月でインストールするスマートフォンゲームの本数は、全体で「1本」の割合が最も高く、平均では「2本」という結果に。OS別にみると、iPhoneユーザーの平均インストール数は「2.7本」であり、Androidユーザーの「2.1本」よりもやや高い傾向であった。

スマートフォンゲームをインストールする時間帯

 平日では、「22時~23時」(38.6%)が最も高い結果に。次いで、「20時~21時」(31.3%)となった。遊んでいるゲームタイプ別にみると、ブラウザゲーム・アプリ両方で遊ぶユーザーについては、「18時~21時」の割合が他ユーザーより高い傾向であった。

 一方、休日の場合も、平日と同様に「22時~23時」(32.7%)が最も高い結果に。平日にインストールする時間帯と比較した場合、休日は「14時~15時」の割合が17.9%と、平日の5.9%より高い傾向となり、休日は午前中から日中にインストールして遊ぶユーザーが多いということが確認できた。

普段スマートフォンゲームで遊ぶ際の通信環境

 普段スマートフォンゲームで遊ぶ際の通信環境をたずねたところ、「WIFI」が過半数となった。次いで、「3G」が34.0%という結果だった。遊んでいるゲームタイプ別にみると、ブラウザゲームのみユーザーは「3G」の割合が40.6%であり、アプリのみユーザーの33.4%よりも高い傾向に。また、ブラウザゲーム・アプリ両方で遊ぶユーザーについては、「WIFI」の割合が64.5%と他より高い傾向であった。

海外のスマートフォンゲームの利用経験

 海外のスマートフォンゲームで遊んだ経験は、「ある」23.0%、「ない」が63.3%に。OS別にみると、iPhoneユーザーは「ある」が26.3%となり、Androidユーザーの19.7%よりもやや高い傾向であった。

海外のスマートフォンゲームで不便に感じる点

 そして海外のスマートフォンゲームで遊んだ経験が「ある」と回答したユーザーのうち、海外のスマートフォンゲームで遊んでいる際に不便に感じる点を聞いたところ、「日本語訳に違和感がある」が最も多く、41.6%となった。OS別にみると、iPhoneは「チュートリアルがわかりにくく、遊び方がわかりにくい」が42.4%と最も高くなっており、Androidの27.5%よりも高い傾向であった。

アプリ:AppStoreやGooglePlayからダウンロードして遊ぶゲームのこと。ネイティブ、ウェブアプリを含む。
ブラウザゲーム:Ameba、GREE、Mobage等のマイページから遊ぶゲームのこと。

【調査概要】
調査名:「スマートフォンゲームユーザー動向調査(第3弾)」
調査期間:2013年12月9~11日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:普段スマートフォンゲームで遊んでいる15歳~69歳の男女
有効回答:700サンプル
調査主体:CyberZ
調査機関:シード・プランニング

【関連記事】
スマホゲームに飽きるまでの期間は?「1か月」が約2割で最多【CyberZ調査】
新しいスマホゲームをはじめたきっかけ、約3割が「今遊んでいるゲーム内で表示された広告を見て」【CyberZ調査】
スマートフォン広告市場規模、2013年には1,000億円突破か【CyberZ調査】
アメーバ、スマートフォンゲームにおける広告商品拡充・販売強化へ
Andoridゲームアプリ売上トップ10の半数を日本勢が占める【App Annie9月度調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5