SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20~30代男性の2割超は化粧水男子/3割は「1,000円以下」の化粧水を購入【インターワイヤード調査】

 インターワイヤードは、同社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEにおいて、「化粧水」についてアンケート調査を行った。

20・30代男性の2割以上が化粧水を使用

 化粧水の使用率は、女性は76.6%、男性は11.9%であった。女性については年代による差はほとんど見られなかったが、男性は若い年代ほど使用率が高い傾向にあり、20代は24.8%、30代は21.9%が化粧水を使用していることが明らかになった。

価格:3割は1,000円以下の化粧水を購入

 化粧水の価格については、「501~1,000円」が最も多く23.9%に。次いで「3,001~5,000円」(15.7%)、「1,001~1,500円」(14.6%)となった。化粧水使用者の32.7%が「1,000円以下」の化粧水を購入しており、特に男性はその割合が高く58.9%と6割近かった。一方で女性は26.9%であった。

ブランド:男性は「ギャツビー」、女性は「肌研(ハダラボ)」が人気

 主に使用するブランドについては、男性の1位は「GATSBY(ギャツビー)」10.8%であった。2位「OXY(オキシー)」(6.5%)、3位「NIVEA FOR MEN」(5.6%)と続き、上位10ブランドのうち7ブランドがメンズブランドであった。

 女性の1位は「肌研(ハダラボ)」(6.0%)、2位「オルビス」(5.2%)、3位「ちふれ」(5.0%)と続いた。最も人気のブランドでも6.0%と値が低いことから、好みのブランドが多種多様であることが伺える。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年1月24日~2月7日
有効回答:DIMSDRIVE登録モニター男女6,863人

【関連記事】
資生堂、化粧を落とさずメイク体験ができるシミュレーションソフトを導入
花王、化粧品事業強化で研究部門と生産部門を一体化
花王とカネボウ化粧品、タッチパネル型機器使った店頭顧客システムを開発
ヤフー、女子向けフリマアプリ「クロシェ」
CHINTAI、女子向けキュレーションサービス「haletto」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/26 12:15 https://markezine.jp/article/detail/19355

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング