SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ利用者の半数以上が電子書籍サービスを利用/無料マンガアプリ「マンガボックス」利用者数180万人突破【ニールセン調査】

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Mobile NetViewの1月データをもとに、スマートフォンにおける書籍・マンガサービスの利用状況を分析し、結果を発表した。

 2014年1月時点で、スマートフォンで書籍購入や書籍閲覧などの電子書籍カテゴリのサビスを利用している人は、2013年5月からの8か月間で670万人増加し、2,000万人(リーチ55%)を超えた。

 書籍カテゴリのうちマンガアプリに着目すると、マンガアプリの利用時間は1人あたり52分/月で、マンガを除いた電子書籍サービス(1人あたり27分/月)の約2倍利用されていた。

 利用者数が50万人以上のマンガアプリをみると、「全巻無料!ろくでなしBLUES」が最も多く約210万人、次いで「マンガボックス」が利用者数180万人であった。なお、1人あたりの利用時間を見ると、「マンガボックス」は1人あたり55分/月利用しており、その他のアプリの3倍以上利用されていた。

 「マンガボックス」の利用時間を年代別にみると、18~29歳の利用時間が最も長く1人当たり67分/月利用で、年齢が上がるにつれて利用時間が減少していく傾向がみられた。また、利用者数をみても、若年層ほど多くの人が利用していた。

【関連記事】
オールアバウト、“動画付き”電子書籍シリーズを創刊
GMOモバイル、電子書籍比較サイト「でんしょ! byGMO」オープン
サンマーク、Amazonでの電子書籍の月間ダウンロード数が紙の書籍の販売部数を上回る
エニグモ、『BUYMA Books』~世界中の著作物をクラウドソーシングで翻訳し、電子書籍へ
楽天ブックス、紙と電子書籍の併売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/27 12:15 https://markezine.jp/article/detail/19366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング