SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年のTカード年間総利用件数、過去最高24億9,044万件に~Yahoo!ポイントとの統合などが貢献

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは、同社が運営する共通ポイントサービス「Tポイント」において、2013年1月から12月までのTカード年間総利用件数が、過去最高となる24億9,044万件(前年対比125.7%)を更新したことを発表した。2014年1月末現在、Tポイントアライアンス企業は全国110社67,863店舗、アクティブユニークT会員数は4,797万人にのぼる。

 その背景として、2013年2月に首都圏最大の食品スーパーであるマルエツ全店でTポイントサービスが開始したこと、またYahoo!ポイントがTポイントに統合され、ネットとリアルを横断した共通ポイントサービスが誕生し、より利便性の高いポイントサービスの提供が可能になったことなどが挙げられる。

 加えて、2013年は公立図書館で初めて武雄市図書館・歴史資料館の図書カードとしてTカードを利用できるようになったことや、やる気スイッチグループが教育業界として初めて子どもたちの努力や目標達成に対するTポイント付与を行うなど、今までにない新しいTポイントの利用価値が広がったことも要因として考えられる。

【関連記事】
CCC、SKIYAKIと資本提携~CCCの会員基盤を活用したファンサイト・ファンクラブ事業展開
凸版とCCC、「Tポイント×Shufoo!」アプリ上で「電子DMお届けサービス」スタート
新生銀行、CCCと金融サービスへのTポイント付与提携へ~顧客規模拡大を目指す
ヤフー、CCCとポイント・IDを統合へ~ネットとリアルを横断した共通ポイントサービス誕生
一般企業と広告代理店で異なるビッグデータ活用への期待【CCCxMarkeZine企画調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/04 11:00 https://markezine.jp/article/detail/19381

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング