SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、イー・アクセスの株式取得、日本初のインターネットキャリア事業「Y!mobile」を6月始動

 イー・アクセスおよびウィルコムは、6月1日に合併する予定で、ヤフーは合併の効力発生等を条件として、併後の存続会社であるイー・アクセスの株式を取得することを決めた。

 ヤフーは、スマートフォン、タブレットによるインターネットサービスを成長させるため、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併して誕生する新会社の株式を取得し、日本初のインターネットキャリア事業「Y!mobile」(予定)を展開する。音声重視の通信キャリアに対して、インターネットキャリア(ワイモバイル)はネット重視のキャリアとなる。

 イー・アクセスおよびウィルコムが提供するPHSサービス、MVNO向けサービス、およびADSLホールセールについては、今後も継続して提供する。

 6月1日を効力発生日として、イー・アクセスを存続会社、ウィルコムを消滅会社とする吸収合併が予定されており、合併後の6月2日に「ワイモバイル株式会社」となる。代表取締役会長はイー・アクセス代表取締役社長のエリック・ガン氏、代表取締役社長はヤフー代表取締役社長の宮坂学氏。ヤフーの持ち株比率は99.68%(議決権比率 33.29%)となる。

【関連記事】
DAC、ヤフーとスマホ向けリッチ広告を共同開発
「Yahoo!トラベル」システム利用料を無料化へ
ヤフー、アドビと広告クリエイティブ制作分野で業務提携
オイシックス、ソフトバンクモバイルと提携
ソフトバンクとガンホー、フィンランドのゲーム会社スーパーセルを買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/27 17:40 https://markezine.jp/article/detail/19555

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング