SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通・NEC・東京都交通局、駅ホーム上でデジタルサイネージによる広告事業を開始

 電通、日本電気、東京都交通局は、駅ホーム上のデジタルサイネージによる広告事業を5月26日から開始する。サービスの名称は、「六本木ホームビジョン」。

 都営大江戸線・六本木駅の上下線ホーム上の柱12本に各2面、計24面の65インチ縦型のデジタルサイネージを設置し、NECの「情報・コンテンツ配信クラウドサービス」を活用して、広告を配信する。広告販売、広告配信の運用・管理、コンテンツ制作は電通が担当する。

 乗客が電車待ちをする駅ホーム上に設置されるため、より長い時間の広告接触が見込まれる。さらに、ジェスチャーでの操作を可能にするシステムや音声センサーなどを活用したインタラクティブな広告表現、個人のスマートフォンとデジタルサイネージの連携など、新しいコミュニケーション手法を検討・実験する場としての活用も可能になる。

【関連記事】
JR東日本、ネットとエキナカ店舗を融合するオムニチャネル施策実施へ
JR渋谷駅ホームでミシュランガイド掲載店を無料検索!ぐるなび、デジタルサイネージ設置
マイクロアドデジタルサイネージ、放映課金型デジタルサイネージ向けアドネットワーク「モノリス」
三菱電機、メディアミックス配信サービス実証実験~デジタルサイネージにソーシャルメディアのコンテンツを活用
ジェイアール東日本企画など、マレーシアでデジタルサイネージ事業展開へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/21 14:00 https://markezine.jp/article/detail/20045

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング