SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

「のりかえたい!」との好意的な声が 動画を活用したソフトバンクモバイルのブランディング

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”を感じさせるドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPANによる本連載。今回は前回に続いてビデオ広告を取り上げ、株式会社GyaOが提供するサービス「GyaO!」へのタイアップによりブランディングに注力しているソフトバンクモバイルのWebコミュニケーション部長 高橋宏祐氏を迎えて、その狙いと効果を聞いた。

ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏(写真右)
ソフトバンクモバイル株式会社 マーケティング・コミュニケーション本部 
Webコミュニケーション部 部長 高橋宏祐氏(写真中央)
株式会社GyaO 営業本部 
ソリューション営業部 明石圭祐氏(写真左)
ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏(写真左)ソフトバンク モバイル株式会社 マーケティング・コミュニケーション本部 ウェブコミュニケーション部 部長 高橋宏祐氏(写真中央)株式会社GyaO 営業本部 ソリューション営業部 明石圭祐氏(写真右)

ウェブのあらゆる指標でナンバーワンを目指すソフトバンクモバイル

友澤:現在、GyaO! の音楽やお笑いなどに並ぶ「アニ☆ドル」というカテゴリをソフトモバイルにスポンサードしていただいております。

 これは簡単に言えば、テレビ番組の1社提供と同じ仕組みです。また、今テレビで放映中の野球アニメ「ダイヤのA(エース)」のコンテンツ提供企画も展開しました。今回はその事例紹介を中心に、現状の手応えなどをソフトバンクモバイルの高橋さんにお話しいただきたいと思います。まずは、簡単に今の業務とご経歴を伺えますか?

高橋:今はソフトバンクモバイルで、自社ホームページ、デジタル広告、ソーシャルメディアの責任者を務めながら、計5つのグループ会社のデジタルマーケティングの責任者を兼任しています。また、ソフトバンクグループ全体のウェブのインフラ基盤構築などのIT業務や、Yahoo! BBのオンライン直販事業なども担当しています。さらに、My SoftBankというキャリアポータルの運営、および外販広告収入も管理しています。ほかにもグループ会社のウェブに関する支援など内外に対してさまざまな事業をしています。

 なので、ウェブの仕事をしているというよりは、当社グループ全体の事業を見ている感覚です。

友澤:とても幅広い業務を兼任されているのですね。IT分野の経験は前職からですか?

高橋:ええ、3年前に当社に入社する前は、富士通のウェブサイトのグローバル責任者でした。その経験を買われ、ソフトバンクモバイルのウェブの顧客満足度をはじめ、ウェブ関連のあらゆる指標で1位を獲(と)るというミッションを受けて参画しました。

 まずは携帯キャリアのホームページ顧客満足度ナンバーワンは2012年に達成し、今は圧倒的と言えるほどの差をつけての1位になりました。もっと早くできると思っていたんですが(笑)。

差がつきにくい商材だから、好感度がキャリア選定のカギに

友澤:GyaO! での取り組みは「アニ☆ドル」カテゴリの提供と、「ダイヤのA」を題材にしたビデオ広告シリーズ「ダイヤのS」の配信の2つがありますが、いずれも媒体サイドとディスカッションして企画開発からかかわっていただいています。動画に本腰を入れるようになったきっかけや、課題は何だったのでしょうか?

高橋:もともと、ビデオ広告は直近でやらなければいけない領域だとは思っていました。社長の孫(正義氏)があれだけナンバーワンと言っているのだから、当社が乗り遅れるわけにはいかないという思いもありました。

 もう一つの課題はけっこう深刻で、今、携帯キャリアは商品やサービスでの差別化が非常にしにくい状態になっています。主戦場は料金とネットワークなのですが、ネットワークは目に見えないので広告にしづらい。では、どこでユーザーに選んでもらうかというと、今まで以上にブランドへの好感度が大事になってきているんです。

友澤:その部分に、動画が活用できるだろうと。

高橋:そうですね。バナーによる露出だけでは、商品や料金の認知は可能かもしれませんが、好意や共感を得るまでにはなかなかいかないので。特に「アニ☆ドル」の提供は、テレビ番組の冠スポンサーのように、ページの印象と当社が強くひもづいています。1社提供の話を聞いたとき、これはぜひやってみようと思いました。

次のページ
「アニ☆ドル」の提供=テレビ番組の冠スポンサード

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/31 14:16 https://markezine.jp/article/detail/20144

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング