MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大学生の情報収集ソースのトップ3はテレビ、新聞、Yahoo!ニュース【大学生の学習とStudyHack実態調査】

2014/06/18 14:00

 米SurveyMonkeyとオーシャナイズは、共同で「大学生の学習とStudyHack実態調査」を行った。本調査結果から、デジタルネイティブ世代と言われる大学生にとっても、フリーミアムツールや学習用のアプリやサービスを十分に活用した「StudyHack」を実践しているのは回答者の約1割程度であることがわかった。

 具体的には、普段の生活にも関係が深いフリーメールやカメラは活用が浸透しているが、その他のDropBoxやEvernote、Skype、SurveyMonkey、Gunosyといったサービスやアプリの活用は15%を下回った。

 また、情報の収集方法についてたずねたところ、1位はテレビに。新聞で情報収集すると回答した学生も多く、マスメディアの影響力の高さは顕在であるようだ。その一方で、Twitter、Facebookといったソーシャルメディアも上位にランクインしている。

【調査概要】
調査方法:タダコピアプリ内のアンケートシステム
実施期間:2014年4月
調査対象:スマートフォンを活用している大学生・大学院生
回答者数:911名

【関連記事】
ボスコン・野村総研らが参画!大学生向け「オープンアカデミー」開講
大学生は「Facebook・はてな」、高校生は「YouTube・FC2・Ameba」
スマホやSNSがあるから「ひとりでもさびしくない」大学生の「おひとりさま行動」
高校生のスマホ所有率は8割超、7人に1人が1日4時間以上利用
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5